iOS 16

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iPadOS 16 betaをデータを失わずにダウングレードする方法

iPadOS 16ベータ版をインストールするとロック画面のカスタマイズ機能などの新機能をいち早く試せます。しかし、iPadOS 15.5と比べるとiPadOS 16ベータ版では不具合が発生する可能性が高いため、使い続けるのは不安と思う方も多いでしょう。iPadOS 16ベータ版にアップデートしてもダウングレードすればiPadをiPadOS 15.5に戻せます。本記事では、データを失わずにiPadOS 16ベータ版からiPadOS 15.5にダウングレードする方法をご紹介します。

Part1:ダウングレードとは

ダウングレードとはOS(オペレーティングシステム)やアプリケーションのバージョンを低いものに替えることを指します。つまり、iPadOS 16 beta版からiPadOS15.5などの低いバージョンに変更することはiPad OSのダウングレードにあたります。一方、アップデートはダウングレードの対義語であり、iPadOS15.5などからiPadOS 16 beta版に更新するようにOSやアプリケーションを最新バージョンに変更することを意味します。

iPadOS 16 beta版からのダウングレードではiTunesを使ってISPWファイルをiPadに読み込ませる方法を取れますが、iTunesが正常に作動せずダウングレードができないケースもあります。そこで次は、iTunesではなくReiBootを使ってデータを失わずにiPadOS 16 beta版をiPadOS15.5にダウングレートする方法をご紹介します。

Part2:ReiBootでiPadOS 16 betaをiPadOS15.5にダウングレートする

Tenorshare ReiBootなら画面の指示に従って操作するだけでiPadOS 16 ベータ版をiPadOS15.5にダウングレートできます。さらに、ReiBootは豊富な機能を備えているのでダウングレード以外にも様々なシーンでお使いいただけます。

【主な機能】

  • iOSデバイスのダウングレード
  • iOSシステムに起因する不具合の修復
  • リカバリーモードの起動と解除

それでは、ReiBootを使ってiPadOS 16 ベータ版をiPadOS15.5にダウングレードする具体的な操作方法を見ていきましょう。まずは、事前準備から解説します。

事前準備1:「iPadを探す」をオフにする

「iPadを探す」をオンにしたままiPadを初期化するとアクティベーションロックがかかるので、事前に「iPadを探す」はオフにしてから作業を開始しましょう。

  • Step1: 設定>ユーザー名>探すとタップします。

  • Step2: iPadを探すをオフにします。

  • Step3: Apple IDのパスワードを入力してオフにするを押します。

  • iPadを探すをオフ

事前準備2:iPadのバックアップを取る

iPadOS16ベータ版からダウングレードする前にiTunesでバックアップを作成します。

  • Step1: USBケーブルを使ってiPadをパソコンに接続しiTunesを開きます。

  • Step2: スマホアイコン>概要>今すぐバックアップをクリックします。

  • iPadのバックアップを取る

ダウングレード開始:ReiBootのダウングレード機能を利用

次はReiBootを使ってiPadOS16ベータ版からiPadOS15.5にダウングレードします。

  • まずは、ReiBootをパソコンにダウンロードしてインストールしてから、起動してパソコンにUSBケーブルを使ってiPadを接続し、「iOSのダウングレード」をクリックします。

    「iosのダウングレード」をクリック
  • 「高度ダウングレード」を選択します。(※iOS 15.5から15.4へのダウングレードなど、iOSのマイナーバージョンの場合は、標準ダウングレードを選択します。iOS16からiOS15.5へのダウングレードなど、メジャーバージョン間のダウングレードの場合は、高度ダウングレードを選択します。)

    「高度ダウングレード」を選択
  • ReiBootはお使いのiPadに適用する最新iPadOSのファームウェアが自動的に準備します。ファームウェア情報を確認して問題がなければ「高度ウングレードの開始」をクリックします。

    高度ウングレードの開始
  • 完了までに数分かかります。iOSベータ版のダウングレードが完了すると、画面に高級モードで修復しましたと表示され、数分かかります。

    「高級モードを開始」をクリック

ダウングレード後の手順1:iPadを初期設定する

  • Step1: iPad画面の指示に従って言語、国などの設定をしていきます。

  • Step2: Appとデータの画面では「Appとデータを転送しない」を選択します。

ダウングレード後の手順2:バックアップを復元する

iPadOS16ベータ版で作成したバックアップをそのままダウングレード後に復元することはできません。ダウングレード後にも復元できるようにバックアップデータを修正する必要があります。

  • Step1: 「Win+Rキー」を押します。

    Win+Rキー
  • Step2: 「%userprofile%」と入力します。

    iPadOS16ベータをダウングレード後にデータ復元
  • Step3: Apple Computer>MobileSync>Backupと選択し、最新のバックアップファイルを開きます。

    iPadOS16ベータをダウングレード後にデータ復元-1
  • Step4: 下にスクロールして「Info」をクリックして、メモ帳で開きます。

    iPadOS16ベータをダウングレード後にデータ復元-2
  • Step5: 「Ctrl+Fキー」を押し、「product」と入力して、「product」がある行の下に「16.0」とiOSのバージョンが表示されているので、「15.5」のようにダウングレードするバージョンに修正して保存します。

    Ctrl+Fキー iPadOS16ベータをダウングレード後にデータ復元-3
  • Step6: iPadをパソコンに繋げてiTunesを起動し、「このバックアップから復元」を選んで「続ける」を押してデータを復元します。

    iTunesからバックアップ復元

関連動画

まとめ

iPadOS16ベータ版からiPadOS15.5にiTunesでダウングレードできない場合は、シンプルで使いやすいReiBootを利用してダウングレード可能です。ReiBootは画面に表示されるガイドに従って操作するだけでiPadOS16ベータ版からのダウングレードが行える非常に使いやすいツールで、豊富な機能を備えているため様々なシーンでお使いいただけます。

関連記事: iOS 16アップデート後にiPhoneデータが消えた時の対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応