アイフォンGPS位置情報を設定する

iPhoneの位置情報機能はとても便利で日々利用している人は多いと思います。その一方で位置情報については「よくわからないが、プライバシーが漏れているようで不安」という感覚をお持ちの方も多いと思います。地図アプリや紛失時の発見など位置情報がとても役立っている面はあるものの、自分の知らないところで自分の位置情報などのプライバシーが他の人に漏れていないか不安ですよね。今日はiPhoneにまつわるGPS位置情報設定についてご説明します。

iPhone位置情報機能の使い方と便利さについて

iPhoneには、位置情報を発信し記録するGPS機能が装備されています。位置情報機能を使うと、iPhoneがある位置を知ることができます。また、このGPS位置情報サービスが実際に様々な場合に役に立つです。

  • 地図アプリの現在地確認やロケーションナビゲーション機能が使えます。見知らぬ場所で迷子にならないようにできます。

  • 紛失したiPhoneを探す可能になります。

  • 位置情報ゲームを楽しめます。

  • 写真などを撮った場合に場所を記録できます。

iPhone位置情報に関する不安について

よく位置情報機能を利用して、毎日持ち歩いて利用するiPhoneから自分の位置を追跡されたり、記録されていたら怖いですよね。写真から位置情報漏洩やSNS経由での位置情報漏洩などのこともよく発生しますが、意図しないで位置情報が他人に知られてしまうなど、位置情報機能の使用に時には不安があるでしょう。

iPhoneの位置情報を設定する

iPhone自体の「位置情報サービス」には幾つかの相関設定がありますが、まずiPhoneでそれらの設定を行い、iPhoneの位置情報機能の利用状況を確認できます。また、iPhone自体の設定にはGPS地域制限などがあるので、自由的にiPhoneの位置変更または位置情報ゲームを楽に遊んでしたい場合は位置偽装ソフトで気軽にiPhoneの位置を設定できます。

「位置情報サービス」をオン・オフに設定する

「設定」を開き、「プライバシー」から「位置情報サービス」をタップして、位置情報の設定を確認することができます。iPhone自体が位置情報の機能の有効化/無効化を設定できます。オンになっている場合は、あなたの位置情報が常に相手に知られてしまう可能性があります。位置情報を使う予定がないのであれば、位置情報の設定を無効化しておいたほうが位置情報の漏洩リスクが減少可能です。

位置情報サービスをオン・オフに設定する

アプリごとに位置情報サービスの利用を設定する

インストールしたアプリ自体に備わっている位置情報サービスの設定を確認します。例えば、「マップ」アプリでの現在地や、写真の撮影情報など、この位置情報サービスはさまざまなアプリで利用されています。「設定」アプリの「プライバシー」にある「位置情報サービス」で、各アプリの「位置情報サービス」の利用状況を設定することが可能です。

各アプリの位置情報利用設定を確認する

利用頻度の高い位置情報で行動履歴情報を確認する

iPhoneに備わっている行動履歴では、あなたがこれまで行ったことのある位置情報が履歴情報として記録されています。現在地が漏れることも危険ですが、それまでの履歴情報が漏洩すると気分も悪いですし、何しろ危険です。iPhoneの行動履歴を確認するには、「設定」から位置情報サービスの画面を開きます。位置情報サービスの画面を下にスクロールさせていくと、アプリ一覧の下に「システムサービス」という項目があるので、これをタップします。次に「利用頻度の高い位置情報」を選択すると、あなたの利用頻度の高い位置情報が表示されます。

利用頻度の高い位置情報をオフにする

好きなようにiPhoneの位置情報を設定・偽装する方法-iAnyGoを使う

最後に、相手に自分の位置情報を知られたくない、iPhoneを追跡されたくない場合は、どのように対策すれば良いのでしょうか。もちろん上記で紹介したようにiPhoneに備わっている機能を設定することも可能ですが、専用のアプリを使うとより効果的に位置情報を変更することができるのです。iAnyGoは、iPhoneの位置をどこにでも変更できるアプリケーションツールです。また、ルートをカスタマイズしてGPSを移動させることもできます。それがどのように機能するかを見てみましょう。

  • 1.コンピューターでTenorhare iAnyGoをインストールして起動して、お使いのデバイスをパソコンに接続します。

      ianygoで位置情報モードを変更する
  • 2.検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックして、位置情報はすぐに変更されます。

    ianygoの場所を選択

また、iAnyGoは位置変更する機能以外に、位置情報ゲームに役立つ2点間移動や、マルチスポット移動機能もあります。

  • ★「シングルスポット移動モード」を使うことで、2地点間のルートに沿ったGPSの動きをシミュレートすることができます。指定された速度で移動し、経過記録も残ります。

  • ★「マルチスポット移動モード」を選択することで、複数スポットを持つルートに沿ってGPSの動きをシミュレートします。地図上で複数の場所を選択すると指定された速さで移動していきます。

  • ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

まとめ

以上に見てきたように、位置情報を隠す・変更するための作業はそれほど難しいことではありません。特にTenorshare iAnyGoのようなアプリを活用すれば、安全に且つ確実に位置情報を変更することができるのです。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください