製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【バレない】学校のiPad(タブレット)でYouTubeを見る方法10つ

学校でタブレットが配布され、授業や課題に役立つ便利なツールとして活用されている方も多いのではないでしょうか?しかし、せっかくのタブレット、YouTubeを見たいと思いませんか?

学校のタブレットでYouTubeを見るのは本当に不可能なのでしょうか?実は、さまざまな方法を駆使すれば、不可能ではありません。この記事ではそのような制限なしで学校のタブレットやパソコンでYouTubeを見る方法を紹介いたします。さらに、制限のかかった学校支給のパソコンやタブレットでYouTubeを視聴する裏技も解説します。

Part1.学校のタブレットでYouTubeが見れない理由

1.MDMロックと利用制限

学校のタブレットには、多くの場合「モバイルデバイス管理」(MDM)が導入されています。MDMは、学校側がタブレットの機能やアクセスを管理・制限するためのツールです。これにより、YouTubeなどの不適切なコンテンツへのアクセスが制限されます。MDMロックにより、特定のアプリのダウンロードやウェブサイトの閲覧が許可されないため、結果としてYouTubeを見ることが難しくなるのです。

2.学校のセキュリティ対策

学校のタブレットでYouTubeが見れないもう一つの理由は、厳重なセキュリティ対策が施されていることです。多くの学校では、生徒がインターネットを利用する際のリスクを軽減するために、フィルタリングソフトウェアやファイアウォールを使ってアクセスを制限しています。これにより、有害なコンテンツや非教育的なサイトへのアクセスがブロックされ、YouTubeもその対象となることがあります。学校のネットワークを介してYouTubeにアクセスしようとすると、これらのセキュリティ対策により接続が制限されるのです。

Part2.学校のタブレットでYouTubeを見る方法まとめ

方法1.専門ソフトでMDMロックを解除する

学校のタブレットでYouTubeを見るためには、まずモバイルデバイス管理(MDM)を解除する必要があります。Tenorshare 4uKeyという専門ソフトを利用すると、MDMロックを解除し、タブレットを自由に利用できるようになります。このソフトを使用することで、以下のような多くの機能を活用することができます。

  • 数ステップでiPhone/iPad/iPodの画面ロックを解除できる
  • データを失わずにスクリーンタイム・パスコードを削除可能
  • ワンクリックでiOSデバイスに保存されている様々なパスワードを見つける
  • iOSデバイスからパスワードなしでApple IDを削除する

Tenorshare 4uKeyでMDMロックをバイパスする手順

Tenorshare 4uKeyをインストールし、画面の指示に従って進めるだけで簡単にMDMロックを解除できます。解除後は、制限なしで学校のタブレットでYouTubeを見ることが可能です。以下は詳細な手順です。

windows 購入ボタン mac 購入ボタン
  • Windows PCまたはMacで4uKeyを起動させ、ホーム画面で「MDMをバイパス」をクリックします。

    MDMをバイパスをクリック
  • iPhoneをコンピュータやMacに接続します。

    iPhoneをコンピュータやMacに接続
  • デバイスが成功を接続後、機能画面に「開始」をクリックしてMDMをバイパスしはじめます。

    MDMをバイパスしはじめ
  • しばらくすると、MDMロックのバイパスが成功します。

    MDMロックのバイパスが成功

以上でMDMロックがバイパスされました。また、工場出荷時の設定に戻し「モバイル機器管理」が再度表示される場合は、ライセンスの有効期限が切れる前に、4uKeyを使用してMDMロックを再度バイパスできます。

方法2.ブラウザでアクセスしてYouTubeを見る

もう一つの方法は、学校のタブレットで使っているブラウザを利用してYouTubeに直接アクセスすることです。学校のネットワーク設定によっては、この方法でもYouTubeを楽しむことができます。

方法3.拡張機能で制限を突破する

ブラウザに拡張機能をインストールすることで、学校のタブレットでYouTubeを見る裏技もあります。特定の拡張機能を使うことで、アクセス制限がかかっている場合でもYouTubeを視聴できるようになります。

方法4.他のデバイスから転送する

スマホやパソコンでYouTube動画をダウンロードし、学校のタブレットに転送してオフラインで視聴することも可能です。

スマートフォンやパソコンで事前にYouTube動画をダウンロードし、それを学校のタブレットに転送する方法も有効です。この方法を使えば、オフライン環境でもYouTubeを楽しむことができます。

方法5.動画の形式を変換する

YouTube動画をMP4に変換するサイトを利用すれば、動画をダウンロードできます。

YouTube動画をMP4形式に変換できるオンラインサービスを利用して、動画をダウンロードし、学校のタブレットに転送することも一つの方法です。

注意:信頼性の高いサイトを選んでください。

方法6.動画をダウンロードする

学校に行く前に、自宅のWi-Fi環境で必要なYouTube動画をダウンロードしておく方法も便利です。この方法であれば、インターネット接続がなくても動画を視聴できます。

方法7.VPNでアクセス制限を回避する

VPN(Virtual Private Network)を使用することで、学校のネットワーク制限を回避し、YouTubeにアクセスすることも可能です。ただし、適切にVPNを選ばないとセキュリティリスクが伴うため注意が必要です。

方法8.スマホのテザリング機能を使う

自分のスマートフォンのテザリング機能を利用して、学校のタブレットをインターネットに接続する方法もあります。この方法であれば、学校のネットワーク制限を気にせずにYouTubeを視聴することができます。

方法9.Proxyサーバーでアクセスする

Proxyサーバーは、インターネットへのアクセスを中継するサーバーです。Proxyサーバーを利用することで、学校のアクセス制限を回避できる場合があります。

注意点:ただし、Proxyサーバーはセキュリティリスクを伴うため、信頼できるサービスを利用することが重要です。

Proxyサーバーを利用することで、学校のインターネットアクセス制限を回避してYouTubeを閲覧することも可能です。しかし、セキュリティリスクを避けるため、信頼できるProxyサーバーサービスを選びましょう。

方法10.アドレスをちょっといじってみる

場合によっては、YouTubeのURLを少し変更するだけでアクセスできることもあります。ただし、この方法は常に有効とは限らないため、期待しすぎない方が良いでしょう。

注意:この方法は常に有効とは限りません。

まとめ

以上、学校のタブレットでYouTubeを見る方法についてご紹介しました。多くの学校ではタブレットに対する厳しい監視と利用制限を設けており、YouTubeの視聴は難しくなっていますが、それでも方法を工夫すれば視聴が可能です。ただし、方法によっては学校側にバレるリスクもありますので、使用する際は十分に注意してください。

特に、Tenorshare 4uKeyを利用したMDMロックの解除やProxyサーバー、VPNの使用はセキュリティリスクが伴います。そのため、自己責任で行うことが大切です。また、学校のタブレットの制限を外してYouTubeを見る裏技についても紹介しましたが、それが倫理的にどうかを考えることも重要です。

関連記事: 【学校で遊べる!】タブレット&パソコンでブロックされないゲームまとめ!

windows 購入ボタン mac 購入ボタン
数ステップでiPhone15のロックを削除