iTunes 情報管理

iTunes エラー 54:iTunes 同期できない時の解決方法

iPhone・iPad・iPodがアップデートしまして、データをiTunesと同期する時、「iPhone“○○”を同期できません。不明なエラーが発生しました(-54)」というメッセージがありますか。iTunes エラー 54が出て、iTunes 同期ができないことに困っている人が結構います。このエラーは権限上の問題であることが多いのですが、他にも様々な要因で起こっています。このページで、iTunes 同期中に不明なエラー 54が出て、iTunes 同期できない時には、どんな対処法があるのかをご紹介します。

iTunes 同期中にiTunes エラー 54が出た場合の解決方法

iTunes ライブラリのメディアファイルを統合する

iTunesの同期で不明なエラー 54が出た時は、ライブラリのメディアファイルを統合することで直る可能性があります。複数の場所に分かれて保存されているのが原因なので、各OSごとに統合の方法を紹介します。

Macの場合はメニューバーにあるファイルから、ライブラリをクリックします。ライブラリの整理をクリック、さらにファイルの統合を選択します。最後にOKボタンをクリックで終了です。
Windowsの場合はiTunesを起動させて、CtrlとBのキーを同時に押します。 これでiTunesのメニューバーが開くので、ファイルからライブラリ、ライブラリの整理の順に選択します。 最後にファイルの統合をして終了です。

他社製のセキュリティソフトウェアを確認する

他社製のセキュリティソフトが、不明なエラー 54と関わることもあります。一部の他社製のセキュリティソフトはiPhone・iPad・iPodがiTunesとの間のプロセスに干渉をします。セキュリティソフトの設定を確認して、安全なソフトまたは通信という形で登録をしてください。

コンテンツを少量ずつ同期する

iTunes storeまたはApp storeから購入したコンテンツはどれが問題なのかわからないので、一つずつ同期してからiTunes 不明なエラー 54が発生した問題のコンテンツを突き止めることができます。そして、問題のコンテンツを少しずつ削除して、再ダウンロードします。iPhone・iPad・iPodがもう一度iTunesと同期を試し見てください。

PDF ファイルを同期の対象から外す

不明なエラー 54はiTunesで購入したコンテンツをiosデバイスからコンピューターに転送しようとしたとき発生したことです。

iTunes 不明なエラー 54を解決するには、iOSデバイス上のブックAPPに保存されているPDFファイルを、共有オプションから自分に宛ててメールで送信します。
PDFファイルのコピーはメールアカウントに保存され、選択したメールアドレスを通じて共有されるので、パソコンからアクセスができます。それで、パソコンでPDFファイルを削除してください。

iTunes エラー 54を修復して、同期できない問題を解決

ここでお伝えした方法で修復することもできますが、パソコンの初心者からするとわかりにくいかもしれません。そんな時は「Tenorshare TunesCare」というiTunes 修復ソフトがおすすめです。

「Tenorshare TunesCare」は専門的なiTunes向けの修復ソフトです。たった3ステップでiTunesの動作不良や同期できない問題を解決してくれるからです。専門知識がないお方でも初心者でも、簡単にiTunes 同期 エラー 54を修復して、iTunes 同期ができるようになります。

それでは、iTunes エラーを修復する方法をご説明します。まずiTunes 修復ソフトを無料にダウンロードして、インストールします。

ステップ1:TunesCareを起動し、iOSデバイスをWindows/Macに接続します。 デバイスが認識されたら、「全てのiTunes不具合を解消」をクリックします。

ステップ2:次の操作画面に入って、「iTunesのエラーを修復する」をクリックします。

ステップ3:数分がかかり、以下の修復成功な画面が表示されたら、iTunes修復が完了します。

ヒント:以上の方法を試しても、iTunes 同期 エラー 54がまた発生して、iTunes 同期できない問題を解決できないなら、より便利かつ安定なデータ転送ソフトをお勧めします。

iTunesの代替用ソフトで同期を実行

「Tenorshare iCareFone」は音楽や写真、ビデオだけではなく、連絡先、SMSメッセージ、アプリデータ、メモなど様々なデータの転送に対応するだけではなく、データの管理、バックアップ・復元、簡単なios修復することも対応しています。

iTunesのメディアファイルをiOSデバイスに一括で転送する方法をご紹介します。まず、「Tenorshare iCareFone」をダウンロードして、インストールします。

ステップ1:iCareFoneをインストールして起動し、iPhone・iPad・iPodをUSBケーブルでパソコンやMacに接続します。そして、メインインターフェースで「iTunesのメディアをデバイスに転送」をクリックします。

ステップ2:iTunesからiPhoneに転送したい項目にチェックを入れて、「転送」をクリックして作業が実行します。

ステップ3:しばらくすると、指定されたiTunesメディアデータがiOSデバイスに転送されます。

最後に

iTunes 不明なエラー 54が発生した場合に、以上の対処法を試して、iTunes 同期できない問題を解決しましょう。iTunesでiPhone・iPad・iPodの同期がうまくいかない時、より便利なデータ転送ソフト「Tenorshare iCareFone」をご利用ください。使い勝手が良く、データの移行などにも問題なく行えます。ぜひお試してください。

また、iPhone・iPad・iPodはiTunesを使用中にほかのエラーコードや不具合を発生するとき、「iTunes エラーコードとその状況に応じた解決方法」をご参照ください。お役に立てれば、何よりです。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!
Update 2019-07-25 iTunesエラー
お役に立ちましたか?
はい
いいえ
ディスカッションに参加して、あなたの意見をここに共有してください