iTunes 情報管理

iPhone・iPad・iPodがiTunes バックアップ できない時の対処法

iPhone・iPad・iPodのデータをバックアップしようと、便利のがiTunes バックアップ機能を利用することです。もしiTunesに同期しても自動的にバックアップされないし、iPhone・iPad・iPodがiTunesにバックアップできません。しかし、古いブックアップはすべてiTunesにありましたら、どうすればいいですか。このページで、iTunes バックアップ 失敗したとき、いくつかのiTunes バックアップ 方法をご紹介します。

パート1:iTunesでiPhone バックアップができない時の症状

iTunesにiPhone バックアップできない場合には、次のようなiTunes エラーメッセージが表示されます。

  • セッションが失敗したため、iPhone“○○○”のバックアップが作成できません。
  • セッションを開始できなかったため、iPhone“○○○”のバックアップができません。
  • iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhone“○○○”のバックアップができませんでした。
  • コンピューターにバックアップを保存できなかったため、iPhone“○○○”のバックアップが作成できませんでした。
  • iPhone“○○○”はiPhoneの設定が完了していないため、バックアップを作成できませんでした。
  • iPhone・iPad・iPodを認識しません。

iPhone・iPad・iPodのデータをバックアップするとき、これらの問題がありましたか。このページで、iTunes バックアップができないとき、いくつかのiTunes バックアップ 方法をご紹介します。

パート2:iTunes バックアップ できない場合の六つの解決方法

方法1:お使いのiosデバイスとパソコンを再起動

何らかのエラーでiPhone・iPad・iPodがiTunesにバックアップできないと、まずは、パソコンとお使いのiPhone・iPad・iPodの接続を一旦解除して、両方を再起動します。

方法2:iPhoneとパソコンがUSBで接続するかを確認

iPhone・iPad・iPodがiTunesにバックアップするとき、パソコンとデバイスがUSBで接続する必要があります。 そのため、バックアップデータが作成できないという不具合が発生した場合に、パソコンとiPhone・iPad・iPodがちゃんとUSBで接続するかどうかをご確認ください。

方法3:iTunes・iPhoneが最新バージョンであるかを確認

iTunesまたは、iPhone・iPad・iPodのバージョンが古すぎて、iPhone・iPad・iPodのデータをiTunesにバックアップできないことがあります。

ですから、iTunesまたはお使いのデバイスが最新バージョンであるかどうかを確認して、 最新バージョンでなければ、以下の手順でiTunesまたはiPhone・iPad・iPodをアップデートします。

  • iTunesの場合:
    iTunesを起動 > ヘルプをクリック > 更新プログラムを確認 > 最新バージョンのiTunesをアップデートします。
  • iPhone・iPad・iPodの場合:
    「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」

方法4:パソコンのデェスク容量が十分であるかをチェック

iTunes経由でバックアップを行うとき、データはパソコンに保存されます。もし、iTunesがバックアップをしている途中に「デェスク容量が不足している」というメッセージが表示され、バックアップできない場合は、デバイスの本体ではなく、パソコン本体の容量が足りないためです。
この場合は古いバックアップファイルを削除するか、移動して容量を確保できます。
ITunes バックアップする前に、パソコンの容量を確保する必要があります。 もし、十分な容量を空けたら、iPhone・iPad・iPodがiTunesにもう一度バックアップします。

方法5:iTunesがiPhoneバックアップできない不具合を修復

もし以上の方法を使っても、iPhone・iPad・iPodがiTunes バックアップ できないなら、iTunesにエラーが出た可能性があります。iTunes修復ソフトを利用してunesを修復するのをお勧めます。

専門的なiTunes修復ソフト「Tenorshare TunesCare」を使えば、すべてのiTunesエラーや不具合などを手軽に修復することができます。専門知識がないお方でも初心者でも、簡単にiTunesエラーから、iTunesを救出します。

「Tenorshare TunesCare」を利用して、iTunesを修復する方法を説明します。

ステップ1:パソコンで TunesCareをインストールし、iOSデバイスをWindows/Macに接続すてから、「全てのiTunes不具合を解消」をクリックします。

ステップ2:「iTunesのエラーを修復する」をクリックして、ソフトウェアが自動的に修復作業を実行します。

ステップ3:数分がかかり、iTunes修復が完了します。

iTunesを使わずiPhoneデータをバックアップ 方法

データ転送ソフトでiTunes バックアップ 失敗を回避

iPhone・iPad・iPodがiTunesバックアップ 失敗した時におすすめなのは、iTunesを使わなくてもiPhone・iPad・iPodのデータをバックアップできる「iCareFone」というソフトです。

「Tenorshare iCareFone」は専門的なファイルマネージャーとして、iPhone/iPad/iPodのデータを一括/選択的にバックアップすることができます。バックアップした後、ファイルの中身を確認することもできます。 3つステップでバックアップ作業が完了できて、初心者でも手軽に使えます。

ステップ1:icarefoneを起動し、お使いのiPhone・iPad・iPodをアップル付属のUSBケーブルでPCに接続します。

ステップ2:バックアップ&復元で対応可能ファイル一覧表から、バックアップした項目を選択し、「バックアップ」ボタンをクリックします。

ステップ3:しばらくすると、デバイスデータのバックアップが完了します。

「バックアップデータを確認」または「バックアップリストを確認」のいずれかを選択して、作成されたバックアップファイルの詳細を確認することができます。

以上は、iPhone バックアップ できない問題を解決するiTunes バックアップ 方法です。それに、iPhone ファイルマネジャーiCareFoneを使えば、バックアップだけではなく、iOSデバイスとパソコン、またMacの間で制限なく自由にデータを転送・管理できます。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!
お役に立ちましたか?