iOS 12のAppleデバイスに音楽を転送する方法

iOS12を搭載したiPhone、iPadまたはiPod touchなどのAppleデバイスに音楽を転送したいと感じている方は非常に多いのではないでしょうか。音楽を手持ちのデバイスに転送できるようになれば、いつでも好きな曲を楽しめます。

それでは、iOS 12のiPhone、iPadまたはiPod touchへ音楽を転送する三つの方法について紹介していきます。

iOS 12で購入した音楽をiTunes Storeから再ダウンロード

まずは手元にパソコンがない場合、音楽をiOS 12へ転送する方法です。iTunes Storeで音楽を購入したことがあるなら、購入した曲はいつでも再ダウンロードできますので、便利です。

ステップ1: iPhone/iPad/iPodでiTunes Store Appを開き、画面下にある「その他」の項目から「購入済み」をタップしていきます。

iPhone 購入済み 音楽

ステップ2:「ミュージック」をタップして、続けてこの「デバイス上にないアイテム」をタップしましょう。

ステップ3:これで過去に購入した曲が表示されるので、曲名の横にある雲のようなマークをタップしてください。

自動で再ダウンロードが開始され、ダウンロードが終了するとiPhoneをはじめとしたiOS 12デバイスに音楽データが入ります。

iTunesを使ってiOS 12へ音楽を転送

iTunesも、iOS 12のiPhoneやAppleデバイス音楽を転送できる一つの方法です。iTunesライブラリに保存されている曲をiOS 12のデバイスに追加するする方法は以下です。(iTunesは必ず最新バージョンにしてください。)

ステップ1:iTunesを起動して、USB ケーブルでコンピュータに接続します。接続したデバイスが、iTunes ウインドウの左上隅にアイコンとして表示されます。

ステップ2:デバイスのアイコンをクリックして、「設定」→「ミュージック」の順に進みます。

ステップ3:「ミュージックを同期」にチェックを入れて、「ミュージックライブラリ全体」を選択して、「適用」ボタンをクリックすればiOS 12への同期が開始されます。一部の曲だけを転送した場合は、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選んでください。

iTunesで音楽を同期

iCareFoneを使ってiOS 12へ音楽を転送

iTunesを使えば音楽を同期できますが、やはり失敗してしまうこと場合も多いですね。「Tenorshre iCareFone」を使うと、転送中にトラブルもなく、iOS12のAppleデバイスに自由に音楽が転送できます。好きな曲だけを転送するなど自由度が高く、しかも簡単な手順で出来るのでお伝えします。

ステップ1:パソコンとiOS 12のデバイスをUSBケーブルで接続し、Tenorshre iCareFoneを起動します。ホーム画面から「ファイル管理」→「音楽」の順に進み、「追加」をクリックします。

音楽をiPhoneにインポート

ステップ2:パソコン内に保存された曲のデータを選択する画面が表示されますので、そこでデバイスに転送したい曲をそれぞれ選びます。必要な曲をすべて選んだら最後に「開く」ボタンをクリックすれば転送が開始されます。

「Ctrlキー」を押すまま、マウスで複数の曲を選択できます。また、選ぶのが連続の曲の場合、マウスでクリック&ドラッグで複数の曲を選択できます。

iTunesで音楽を同期

iTunesやiCareFoneを活用するとiOS 12のAppleデバイスに音楽を転送できます。特にiCareFoneは操作も簡単で自由に音楽データの転送ができるため、たくさんの曲を管理したい方はぜひお試しください。

  最終更新日 2019-07-25 / カテゴリ  iPhone音楽

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください