iPhone、iPad、iPod Touchから直接データを回復する方法

これは、写真、メッセージ、連絡先、通話履歴、メモ、カレンダー、リマインダー、Safari、FaceTime、Wechat、その他のファイルを含む、iOS 15/14/13とiPhone 13/12/11/X から失われたデータを直接回復する方法の詳細なガイドです。

macOS 12 Montereyで利用可能 Windows 11/10/8.1/8/7 で利用可能

Step 1. UltDataの起動

お使いのパソコンでUltDataを起動し、「iOSデバイスから復元」オプションを選択します。

iOSデバイスからデータを回復する- Ultdata-ガイド

Step 2. iOSデバイスをPc/Macに接続

iPhone、iPad、iPodの電源が入っていることを確認し、USBケーブルを使ってパソコンまたはMacに接続します。それが接続して信頼した場合、プログラムは自動的にiOSデバイスを検出します。

UltFataにデバイスを接続してデータを復元

Note 1. iPhone/iPad/iPodが正常に機能し、USBケーブルでコンピュータと接続されている場合はロックを解除します。また、デバイスの「信頼」をクリックするポップアップが出てこないか確認します。「信頼」をクリックすると、iOSデバイスがすぐに検出されます。

デバイスを信頼する- UltDataガイド

Note 2. iOSデバイスが接続されているのが認識できない場合は、ポップアップの指示に従います。

UltDataでiPhoneをリカバリモードから終了させます

Note 3. iOSデバイスがコンピュータに接続された後、リカバリモードで立ち往生した場合は、インターフェースの「リカバリモードを解除」ボタンをクリックして、立ち往生した問題を解決することができます。数秒後、お使いのデバイスが再起動され、UltDataによって検出されます。

UltDataでiPhoneをリカバリモードから終了させます

Note 4. iPhoneが黒い画面になったり、フリーズしたり、反応がない場合は、「iOSシステム修復」をクリックしてiOSシステムを修復(iOS 15/14と互換性があります)した後でデータ復元を行います。

Step 3. データのスキャン

ソフトウェアがお使いのデバイスを検知すると、次のような画面が表示されます。スキャンして復元したい内容にチェックを入れるか、すべてを選択します。次に「スキャン」をクリックします。

UltDataでiOSの紛失データのスキャンを開始します

Step 4. 復元する前にデータをプレビュー

今スキャンしたすべてのファイルはカテゴリー別にプログラム上にリストされています。「すべてのデータを表示」または「削除されたデータのみを表示」を選択して復元することができます。時間を節約するために、削除されたデータまたは失われたデータを回復する必要があります。

UltDataで写真をプレビューする日付

画像をダブルクリックして全体のサイズを見ることもできます。

UltDataで失われた写真をプレビュー

Step 5. iOSデバイスから復元

必要なファイルを確認し、「復元」をクリックします。紛失したファイルをコンピュータに復元することができます(連絡先とメッセージだけがモバイルデバイスに直接復元できます)。

デバイスにデータを復元する- UltDataガイド

これで、復元されたファイルをコンピュータまたはデバイスで見ることができます。

Note . ファイルの種類によっては、いくつかの制限があります。現在、MacOS版では連絡先の回復はサポートされておらず、Windows版では「Kik&添付ファイル」データの回復はサポートされていません。

お役に立ちましたか?

まだサポートが必要ですか?

ご不明な点がございましたら、サポートセンターにお問い合わせください。こちらからご質問を送信できます。

開始