iPhoneを様々なiOS不具合から復元する方法

最新iOSへアップデート、またはiTunesでiPhoneを復元する際に、途中で何らかの原因でエラーが発生し、デバイスがリンゴループや再起動ループに陥って起動できなくなることがよくあります。その時は、iTunesを使ってiPhoneを復元(初期化)することによって問題を解決することが可能ですが、端末内のデータがすべて消去されますので、バックアップがないと大事なデータが失われてしまいます。

ここでは、ReiBootを利用して、端末内のデータを消去せずにiOSデバイスを上記様々な不具合から救出する方法をご案内します。

デバイスをPCに接続する

ステップ 1:ReiBootをPCにインストールして、起動します。そして、アップル純正のUSBケーブルでお使いのiOSデバイスをコンピューターに接続します。

iPhoneをPCに接続

iOS不具合を修復

ステップ 2:デバイスが認識されたら、ソフトのホーム画面が表示されます。そして、「あらゆるiOS不具合を解消」ボタンをクリックします。

iPhone リカバリモードを解除

ステップ 3:次に進むと、「修復開始」ボタンをクリックします。

iPhone 不具合修復

ステップ 4:お使いのデバイスに適用する最新版のiOSファームウェアが自動的に検出されますので、ファームウェア情報を確認して問題がなければ「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 5:ファームウェアのダウンロードに数分かかりますので、しばらくお待ちください。

ファームウェアをダウンロード中

ステップ 6:ダウンロードが完了したら、「今すぐ修復」ボタンをクリックしてiOSの修復作業を開始しましょう。

iOS不具合を修復

ステップ 7:修復が完了後、iPhoneが再起動され、デバイスのデータを消去することがなく正常に動作していた時点の状態に戻すことができます。

iOS不具合を修復

Tips:通常モードで修復してもiPhoneの不具合症状が改善されない場合は、高級モードを使って修復することもできます。ただし、高級モードを実行するとデバイスのデータがすべて消去されますので、事前にバックアップを取っていない場合はお勧めしません。

iOS不具合修復
このページは役に立ちましたか?