Tenorshare ReiBootには、標準ダウングレードと高度ダウングレードの2つのダウングレードモードがあります。前者はデータを失うことなくiOSのダウングレードをサポートし、後者はデバイス上のすべてのデータを消去します。そのため、高度ダウングレードを使用する前に重要なデータをバックアップすることをお勧めします。

このガイドでは、主に高度ダウングレードモードでiOS 16からiOS15.7にダウングレードする方法を紹介します。最初にコンピューターにReiBootをダウンロードしてインストールしましょう。

  • iPhone/iPadをパソコンに接続する

    ReiBootを起動し、お使いのiPhone/iPadをケーブルでコンピュータに接続します。デバイスが接続されたら、左下にある「iOSのダウンロード」をクリックします。

    iPhone/iPadををPCに接続する - ReiBootガイド
  • ダウングレードモードを選択する

    ベータ版の場合は、右の「高度ダウングレード」を選択して、下のボタンをクリックしてください。

    ダウングレードモードを選択 - ReiBootガイド

    標準ダウングレード:iOS 15.5から15.4へのダウングレードなど、iOSのマイナーバージョンのダウングレードをサポートします。

    高度ダウングレード:iOSベータダウングレードを含むメジャーバージョン間のダウングレードをサポートします。たとえば、iOS16からiOS15.7へのダウングレード。

  • ファームウェアをダウンロードする

    ReiBootはiOSのバージョンを自動的に検出し、ダウングレード可能なiOSファームウェアを表示します。iOSファームウェアの情報を確認してから、「ダウンロード」をクリックします。ファームウェアのダウンロードには数分かかる場合があります。

    ファームウェアをダウンロード - ReiBootガイド

    ヒント①:ファームウェアのダウンロードに失敗した場合は、「ここをクリック」をクリックしてブラウザからダウンロードすることが可能です。

    ヒント②:パソコンに既にファームウェアがある場合は、「ローカルファイルのインポート」をクリックしてファームウェアを手動でインポートします。

    ファームウェアのダウンロードには数分かかる場合があります。

    ァームウェアのダウンロード- ReiBootガイド

    ご注意:署名されていないIPSWは、ReiBootでiOS/iPadOSバージョンをダウングレードすることができません。また、iOS/iPadOSバージョンのダウングレードがサポートされていない場合、プログラムは「ダウングレード可能なiOSファームウェアが見つからない」と表示します。※IPSWにアクセスして、Appleが署名しているファームウェアを確認できます。

    ローカルファイルのインポートをクリック - ReiBootガイド
  • 高度ダウングレードを開始する

    ファームウェアパッケージがパソコンにダウンロードされたら、「高度ウングレードの開始」をクリックしてiOS/iPadOSをダウングレードできます。

    高度ダウングレード開始ボタンをクリック - ReiBootガイド

    高度ダウングレードモードを行う場合は、すべてのデータを削除します。事前にバックアップを作成したことを確認した上で、「続行」ボタンをクリックします。

    ダウングレードを確認 - ReiBootガイド
  • iPhone/iPadをダウングレードした

    iOS/iPadOSのダウングレードを開始します。ダウングレード中にデバイスを切断しないでください。

    ダウングレード中 - ReiBootガイド

    ダウングレードが完了すると、完了したページが表示され、iPhone/iPadは以前のバージョンに戻ります。

    ダウングレードが完了 - ReiBootガイド

関連動画