iTransGo Win版ガイド

iTransGo 概要

iTransGoは、iPhone/iPad/iPod touchの間で自由にデータを移行したいというユーザーニーズに応えて開発されたPC/Mac用iOSデータ移行ソフトウェアです。高度なセキュリティと柔軟性を兼ね備えたソリューションを提供し、iTunesとかの制限を受けることなく、任意の2台のiOSデバイス間で簡単に連絡先やメモ、音楽、ビデオ、アプリなどのデータを丸ごと転送、または部分データの選択的な移行を実行することができます。

主な特徴

  • 1クリックでデータを古い端末から新iPhoneへ丸ごと転送可能
  • バージョンが異なるiOSを搭載する端末間のデータ移行が可能
  • 転送先デバイス内の既存データを上書くリスクがない
  • iTunes Storeで購入した音楽を他のApple IDと共有可能
  • 各アプリとその関連データを直接に引き継ぐことが可能
  • すてべのiOSデバイスと最新のiOS 12に対応可能

製品登録

iTransGoの製品登録を行う際には、ソフトウェア画面右上にある「キー」アイコンをクリックして、製品登録の画面を表示させます。そして、ご購入する時に登録したメールアドレスと登録コードをそれぞれ入力して、「登録」をクリックしてください。

製品登録

ライセンス認証が完了すれば、すべての機能が使えるようになります。

iOSデバイス間の一括データ移行

ここでは、iPhoneにあるすべて、または一部のデータを旧端末から新iPhoneへ1クリックで丸ごと移行する方法についてご案内いたします。

Step 1:iTransGoを起動して、転送元デバイスと転送先デバイスをそれぞれUSBケーブルでコンピュータに接続します。デバイスの位置(順番)が間違いないことが確認できたら、「次へ」をクリックします。

Tips:
1.「反転」ボタンをクリックすると、転送元デバイスと転送先デバイスの位置が交換されます。
2.二台以上のiOSデバイスをコンピューターに接続した場合は、ドロップダウンメニューで転送元デバイスまたは転送先デバイスを変更できます。

デバイスをPCに接続

Step 2:接続できたら、iTransGoは転送元デバイスのコンテンツを分析する一方、転送先デバイスのストレージ使用状況を一覧で表示します。

iPhone ストレージ分析

Step 3:データを移行するには、転送元側の「全選択」にチェックを入れてください。一部のデータだけを移行したい場合は、転送したい項目のみを選択すればOKです。そして、選択したデータの合計サイズが表示され、転送先デバイスの空きストレージを超えていなければ、「転送開始」をクリックして移行作業をはじめます。

iPhone データ移行

Step 4:転送時間は対象データサイズやインターネット環境などによって異なります。また、作業中のエラーを避けるため、途中でデバイスを取り外さないでください。

iPhone データ移行

Step 5:処理が正常に完了できたら、「移行が完了しました!」というメッセージが表示されます。その後、転送先デバイスでデータの転送結果を確認しましょう。

iPhone データ移行
無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP 対応
無料ダウンロード Mac OS X 10.8 - 10.14 対応
このページは役に立ちましたか?