Androidで失われたデータを回復する方法

Tenorshare UltData-Androidデータ復元は、連絡先、メッセージ、通話記録、ビデオ、オーディオ、ファイルなど、あらゆる android デバイスから、サムスン、モトローラ、Htc、Google、Lg、ソニーなどのAndroidデバイスまで、削除または紛失したデータを回復するのに役立つ完璧なソフトウェアです。

macOS 12 Montereyで利用可能 Windows 11/10/8.1/8/7 で利用可能

次は、このアプリを使って、Androidから失われたデータを復元する方法です。まず、TenorshareのUltData-Androidをパソコンにダウンロードします。その後、削除されたファイルを次のマニュアルに従ってAndroidから復元します。

Step 1. お使いのAndroidデバイスを接続

UltData-Androidを起動し、次のようなインタフェースが得られます。「削除したデータを復元」機能を選択します。

ultdata for androidで失われたデータ機能を復元

そして、AndroidデバイスをOEMのUSBケーブルで接続する。

ultdata for androidでandroidデバイスアラートに接続

Step 2. USBデバッグを有効にする

Android スマートフォンで USB デバッグが有効になっていますが、こちらは  AndroidでUSBデバッグを有効にする方法: 設定を切り替え > USBオプションを「ファイルを転送」> 設定を戻して「ビルド」を検索する > スクロールして下部に「ビルド番号」を見つけ、7回クリックする

Ultdata for android が usb デバッグ設定を有効にする方法を伝える

Note. 下部には2つのボタンがある。USB デバッグや接続デバイスの起動ができない場合は、タップしてください。そして、画面上の指示に従って操作します。

Ultdata for android、usbデバッグの有効化を指示

USBデバッグ機能をオンにすると、デバイス上で許可が必要になる。デバイス画面にウィンドウがポップアップされたら、「許可」をクリックするだけです。ウィンドウが表示されない場合は、プログラム上の「再表示」をクリックします。

Ultdata for android に許可を求める

Step 3. スキャンし始めて

デバイスを接続すると、次のような画面が表示されます。復元するファイルの種類を選択し、「開始」をクリックしてデバイスをスキャンします。

ultdata for androidからファイルの種類を選択します

このプログラムは、デバイスの情報を取得し、デバイスにコネクテッドアプリをインストールすることで、連絡先やメッセージ、通話記録などのアクセス権を取得する。コネクタアプリケーションは完全にセキュアで無料インストールされている。デバイスで「許可」をクリックします。

Note. その目的は、プライバシー保護を前提に、より多くの失われた情報を見つけることにある。復元中は携帯電話を操作しないでください。

デバイスへのアクセスを許可します

Step 4. Androidで削除したデータのプレビューと復元

スキャンが完了すると、リストに表示されているすべてのファイルを確認し、プレビューと復元のための任意の種類のファイルを選択できます。

行方不明の android ファイルを ultdata for android でプレビュー

復元するファイルをチェックします。「復元」ボタンをクリックすると、失われたファイルがコンピュータに保存されます。写真、ビデオ、およびドキュメントファイルは、オリジナルファイル形式で保存され, 連絡先, テキストメッセージ, および通話記録はTXT、XML。XLSファイルに保存されます。

ultdata for androidを使用して、紛失したデータを回復することに成功

Note. スキャンデータが失敗した場合は、 旧バージョンのUltData-Androidの再スキャンを推奨します。

お役に立ちましたか?

まだサポートが必要ですか?

ご不明な点がございましたら、サポートセンターにお問い合わせください。こちらからご質問を送信できます。

開始