ご利用ガイド

iPhoneの位置を変更してGPSの動きをシミュレートする方法

iPhoneで位置を偽造することができますか? 実際には、iOSシステムは厳しく制限されているため、iPhoneの位置を変更するのは容易ではありません。従来の方法では、iPhoneの脱獄が必要になります。 ただし、Tenorshare iAnyGoは、脱獄せずにiPhoneの位置情報を変更することができます。さらに、カスタマイズしたルートでのGPSの動きのシミュレートが可能です。

以下に手順を示します。最初にTenorshare iAnyGoをダウンロードし、コンピューターにインストールする必要があります。

Part 1. 1クリックでiPhoneのGPS位置を変更する方法

娯楽やセキュリティの目的でiPhoneの位置情報を偽装する場合は、Tenorshare iAnyGoを利用するのが最善の選択です。 iPhoneの場所を変更するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1. Tenorshare iAnyGoを起動する

コンピュータでプログラムを起動します。デフォルトのモードは「位置情報の変更」です。

ianygoで位置情報モードを変更する

ステップ2. iPhoneをコンピューターに接続する

iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。 次に、デバイスのロックを解除します。 次に、「開始」ボタンをクリックして開始します。

iPhoneをianygoに接続する

(iPhoneがこのパソコンを"「信頼」するように求めるメッセージをポップアップする場合は、iPhone側で「信頼」をタップします。

ステップ3.マップ上の場所を選択する

検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックします。

ianygoの場所を選択

できた! 位置情報はすぐに変更されます。 iPhone上のすべての位置情報ベースのアプリも偽の位置に変更されます。

注:

  • 現在地に戻りたい場合は、右下の戻るボタンをクリックしてください。
  • 検索履歴は履歴に保存されます。位置情報をお気に入りに追加することも可能です。

    ianygoの歴史的記録

Part 2.2点間のルートに沿ったGPSの動きをシミュレートする

iAnyGoを使用すると、家を出ることなくGPSの動きをシミュレートできます。このプログラムを使用して、ルートを段階的に計画する方法を見てみましょう。

ステップ1.シングルスポット移動モードを選択する

メインメニューから「シングルスポット移動」モードに切り替え、「開始」ボタンをクリックして開始します。

シングルスポットムーブメントを選択

ステップ2.地図上の2点のルートを計画する

デフォルトでは、開始点は実際の位置です。地図をクリックして目的地を選択するか、検索バーに住所/座標を入力します。

地図上で2つのスポットルートを計画する

ステップ3.移動を開始する

移動先を設定し、スピードバーをドラッグして移動速度を調整します。 設定後、「移動開始」ボタンをクリックして、2点間を行き来します。

開始をクリックしてianygoのボタンを移動する

いつでも移動を一時停止して続行できます。

ianygoの動きを止める

Part 3. 複数のポイントを持つルートに沿ったGPSの動きをシミュレートする

シンプルなルートでは物足りませんか?「マルチスポット移動」モードは複雑なルートを計画することができます。早速ルート計画を始めましょう!

ステップ1.マルチスポット移動を選択する

ホーム画面(3番目)から[マルチスポット]を選択し、[開始]ボタンをクリックします。

マルチスポット動作を選択

ステップ2.マルチポイントルートをカスタマイズする

地図上で複数の場所を選択し、速度と往復回数を設定します。 その後、[移動開始]をクリックして、カスタマイズされた速度でGPSの動きをシミュレートします。

ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

: [路線]オプションを展開または折りたたむことができます(図を参照)。 マウスポインタをドラッグしてルートを調整します。

路線オプションを展開する
このページは役に立ちましたか?