iPhoneで位置を偽装することができますか? 実際には、iOSシステムは厳しく制限されているため、iPhoneの位置を変更するのは容易ではありません。従来の方法では、iPhoneの脱獄が必要になります。 ただし、Tenorshare iAnyGoは、脱獄せずにiPhoneの位置情報を変更することができます。さらに、カスタマイズしたルートでのGPSの動きのシミュレートが可能です。

Part 1. 1クリックでiPhoneのGPS位置を変更する

娯楽やセキュリティの目的でiPhoneの位置情報を偽装する場合は、Tenorshare iAnyGoを利用するのが最善の選択です。 iPhoneの場所を変更するには、以下の手順に従ってください。

  • Tenorshare iAnyGoを起動する

    コンピュータでプログラムを起動します。デフォルトのモードは「位置情報の変更」です。

    ianygoで位置情報モードを変更する
  • iPhoneをコンピューターに接続する

    iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。 次に、デバイスのロックを解除します。 次に、「開始」ボタンをクリックして開始します。

    iPhoneをianygoに接続する

    (iPhoneがこのパソコンを"「信頼」するように求めるメッセージをポップアップする場合は、iPhone側で「信頼」をタップします。

    注意: iAnyGoは、PCに接続されているすべてのデバイスを正常に検出します。iAnyGoで使用するデバイス(最大15台)を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

    iOSデバイスを選択
  • マップ上の場所を選択する

    検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックします。

    できた! 位置情報はすぐに変更されます。iPhone上のすべての位置情報ベースのアプリも偽の位置に変更されます。

    ianygoの場所を選択
  • 追加事項:

    1、アカウントを安全に保つために、クールダウンはポケモンGOのプレイヤーのために特別に設計されており、GPSの位置を頻繁に変更しないように注意を促します。

    クールダウンをオフ

    クールダウンを再表示するには、右上隅にある「設定」をクリックして、この機能を手動で再度オンにする必要があります。

    クールダウンをオン

    2、実際の場所を表示したい場合は、右下隅にある「現在地に戻る」ボタンをクリックするだけです。

    実際の場所に戻る

    3、これまでに使用した位置情報は、ロケーション履歴に収集されます。Star アイコンをクリックすると、その場所をお気に入りに追加できます。Starアイコンは、他のアクションにも使用できます。

    位置情報を収集

Part 2.2点間のルートに沿ったGPSの動きをシミュレートする

iAnyGoを使用すると、家を出ることなくGPSの動きをシミュレートできます。このプログラムを使用して、ルートを段階的に計画する方法を見てみましょう。

  • シングルスポット移動モードを選択する

    メインメニューから「シングルスポット移動」モードに切り替え、「開始」ボタンをクリックして開始します。

    シングルスポットムーブメントを選択
  • 地図上の2点のルートを計画する

    デフォルトでは、開始点は実際の位置です。地図をクリックして目的地を選択するか、検索バーに住所/座標を入力します。

    地図上で2つのスポットルートを計画する
  • GPSの移動を開始する

    移動先を設定し、スピードバーをドラッグして移動速度を調整します。 設定後、「移動開始」ボタンをクリックして、2点間を行き来します。

    開始をクリックしてianygoのボタンを移動する

    いつでも移動を一時停止して続行できます。

    ianygoの動きを止める
  • 追加:

    iAnyGoは、インポートしたGPXファイル内のさまざまなルートを検出できます。またお気に入りのルートを GPX ファイルとしてエクスポートすることもできます。

    iAnyGo で GPX ファイルをインポートする

    • 「GPX」ボタンをクリックし、GPXファイルをPCからiAnyGoにインポートします。
    • gpxファイルを選択してインポート
    • GPXファイルが正常にインポートされ、インポートされたルートがマップに表示されます。そして、そのプロセスは、シングルスポットの動きを開始する方法と同じです。GPSの動きを途中で一時停止できます。 GPXファイルを再度インポートしたり、別のGPXファイルをインポートしたりする場合は、移動を停止して再度入力する必要があります。

      gpxファイルを正常にインポート
    • マウスホイールをスクロールして、地図を拡大することもできます。

      マウスホイールで地図を拡大

    iAnyGoでGPX ファイルをエクスポートする

    • シングルスポット移動を開始したら、行きたい場所をクリックし、ルートをGPX ファイルとしてエクスポートしてPCに保存します。
      gpxファイル エクスポート
    • 「マルチスポット移動」モードではマップ上に複雑なルートを計画し、 GPX ファイルとしてエクスポートし、PC に保存します。

      gpxファイル エクスポート

Part 3. 複数のポイントを持つルートに沿ったGPSの動きをシミュレートする

シンプルなルートでは物足りませんか?「マルチスポット移動」モードは複雑なルートを計画することができます。早速ルート計画を始めましょう!

  • マルチスポット移動を選択する

    ホーム画面(3番目)から[マルチスポット]を選択し、[開始]ボタンをクリックします。

    マルチスポット動作を選択
  • マルチポイントルートをカスタマイズする

    地図上で複数の場所を選択し、速度と往復回数を設定します。 その後、[移動開始]をクリックして、カスタマイズされた速度でGPSの動きをシミュレートします。

    ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする
  • 注意事項:

    [路線]オプションを展開または折りたたむことができます(図を参照)。 マウスポインタをドラッグしてルートを調整します。

    路線オプションを展開

Part 4. ジョイスティックまたはキーボードで移動方向を変更する

Tenorshare iAnyGoは、GPSの動きを柔軟に制御できるジョイスティック機能を新たに統合しました。ジョイスティックを使用すると、いつでも、どこでも簡単に方向を変えることができます。次に、詳しい使い方をご紹介します。

  • ジョイスティックの移動を選択する

    iAnyGoを起動し、デバイスをコンピューターに接続します。メイン画面で「ジョイスティックの移動」モード(4番目)を選択します。その後、画面の左下隅にジョイスティックがあります。

    ジョイスティックの移動 - iAnyGo
  • 移動速度を設定する

    スライダーをドラッグして、移動の速度を設定します。歩き、自転車、または車の運転速度を自由に選択できます。その最高速度は時速72キロメートルに達することができます。

    ジョイスティックの移動で速度を設定する - iAnyGo
  • ジョイスティックを使用して移動を開始する

    真ん中のボタンを周りの円にドラッグして放すと、GPSが設定された速度で自動的に動き始めます。 移動中は360度自由に方向を調整できます。(注:中央のボタンをドラッグするときは、マウスポインターも円の中に配置する必要があります。)

    ジョイスティックの動きを開始する - iAnyGo

    手動GPS移動:キーボードの左右の矢印キーを使用して方向を変更することもできます。

  • ジョイスティックを使用して移動するためのヒント:

    • マウスをスクロールすると、地図を拡大してGPSの動きをよりよく観察できます。

      地図を拡大する - iAnyGo
    • いつでも移動を一時停止または停止できます。移動を停止するには、中央のボタンまたは左上隅の[停止]ボタンをクリックするだけです。その後、ボタン表示はグレーになります。

      動きを止める - iAnyGo
    • このジョイスティック移動モードでは、位置を変更することもできます。地図上で場所を選択するか、検索ボックスに住所を入力して、[位置を変更]ボタンをクリックします。

      現在位置を変更する - iAnyGo
    • GPSの位置はすぐに変更されます。

      位置を正常に変更する - iAnyGo