iOS 16からダウングレードする裏ワザ

iPhoneに最新版iOS 16をインストールしましたが、最新バージョンが気にいらない、iOS 15.6.1へダウングレードする方法に悩んでいる方々は、是非以下の2つの簡単な方法に従って、iOS 16を以前のバージョンに戻ってください。

ダウングレード前にiOSデバイスをバックアップする

iOS 16をダウングレードする前にまず、データの消失を防ぐため、事前にバックアップの作成が必要です。Apple社から提供されている iTunesやiCloud以外に、Tenorshare iCareFoneもiPhoneデータのバックアップをサポートしております。この3ステップに従って、iPhoneを簡単にバックアップできます。

  • STEP 01
  • STEP 02
  • STEP 03
 icarefone バックアップと復元
iPhoneをバックアップする - iCareFoneのガイド
iPhone バックアップ完了 - iCareFoneのガイド

デバイスに接続

パソコンに iCareFoneをダウンロードし、インストールします。デバイスをUSBで接続し、左側のメニューから「バックアップ&復元」を選択します。

ファイルを選択

お使いのiPhoneまたはiPad上のすべてのファイルが一覧表で表示されます。すべてのデータを一括でバックアップすることも、必要なファイルだけを選択してバックアップすることもできます。

バックアップ完了

選択した後、「バックアップ」ボタンをクリックします。しばらくすると、バックアップが完了しました。作成されたバックアップファイルの詳細を確認しましょう。

 icarefone バックアップと復元
iPhoneをバックアップする - iCareFoneのガイド
iPhone バックアップ完了 - iCareFoneのガイド

ReiBootを利用してiOS 16 ベータから前のバージョンに戻る

ReiBootでiOS 16 ベータをダウングレードする

  • デバイスを接続し、画面左下の「iOSをダウングレード」をクリックします。

  • 「高度ダウングレード」を選択します。

  • ファームウェアパッケージのダウンロードが完了したら、高度ダウングレードを開始します。

ご注意

  • iOS 16をダウングレードする前に、バックアップをとっていることを確認してください。
  • 署名されていないIPSWは、現在ダウングレードすることができません。

iTunesでiOS 16をダウングレードする

  • IPSWにアクセスし、お使いのiOSデバイスの機種に合ったファームウェアをダウンロードしてください。

  • パソコンでiTunesまたはFinderを起動し、デバイスをパソコンに接続します。

  • Option/Altキー(Mac)またはShiftキー(Windows)を押しながら「iPhoneを復元」をクリックし、先ほどダウンロードしたIPSWファイルを選びます。

tips

  • 以前のiOS 15.6.1にダウングレードする場合は、新しいiOS 16バージョンからバックアップを復元できないことがあります。そうした場合で、 Tenorshare iCareFone のようなバックアップツールを利用するのは良い選択ではないでしょうか。

iOS 16に関する情報

関連動画

  • ダウングレート ios 16
    article picture

    【データを失うことなく】iOS 16をiOS 15にダウングレードする

  • ダウングレート ios 16
    article picture

    iOS16/iPadOS 16パブリックベータ版のインストール/アンイストール方法

  • ダウングレート ios 16
    article picture

    【2022最新4選】古いiPhoneから新しいiPhoneへデータ移行する方法

  • ダウングレート ios 16
    article picture

    【データを失うことなく】iOS 16をiOS 15にダウングレードする

  • ダウングレート ios 16
    article picture

    iOS16/iPadOS 16パブリックベータ版のインストール/アンイストール方法

  • ダウングレート ios 16
    article picture

    【2022最新4選】古いiPhoneから新しいiPhoneへデータ移行する方法

6
03
05
47