macOS Catalina をアップデートしない方法

MacOSをアップデートしない方法

更新通知を消す方法

mac osへアップデートしない方法の一つは、更新通知を消す方法です。システム環境設定を開き、ソフトウェア・アップデートを選びます。

ソフトウェア・アップデートを選ぶ

詳細を開いたあとに、アップデートを確認のチェック項目を外します。それから自動アップデートをオフにしてもよろしいでしょうかって表示したら、自動アップデートをオフにするを選択して外します。このステップではmac osのログインパスワードを入力必要です。

自動アップデートをオフにする

最後に詳細をクリックして「アップデートを確認」のチェックを外しますと更新通知を消せます。

更新通知を消す

もう一度ソフトウェア・アップデートの項目を見て、Macを自動的に最新の状態に保つことがオフになっているかをチェックしてください。更新通知を消しておくなら、アップデートがあったとしても自動でmac osが更新されることはありません。

アップデートしないとどうなる

しかし、いつもmac osをアップデートしないのは危険です。どうしてでしょうか。

なぜなら新しいmac osになるとセキュリティの問題が改善されているからです。これまでの脆弱性がある部分が改良されているので、より安全に使用していけます。脆弱性があるとウイルス感染しやすくなり、個人情報などを持ち出されてしまいます。アップデートをしないでいると、セキュリティが低いままになってしまうので危険です。

アップデートをしておくなら、これまでのバグが修正されます。これまで以上にスムーズに動いたり動作が安定したりしますよ。

メジャーアップデートの時は最新の機能を使うことも出来ます。これまでのOSでは出来なかったような操作が追加されていることがあります。マック以外のアプリを使わなければいけない仕事が、マックだけで出来るようになることもあるのです。

アップデートにお勧めの理由

ただメジャーアップデートだと、どうしても後から不具合が発生してしまうことがあります。マックの動作が不安定になって、フリーズしてしまうことがありますし、最悪起動しないということがあるかもしれません。

もしもの時のことを考えると、怖くてアップデートが出来ないと感じるでしょう。でもアップデートをしなければ脆弱性などが放置されるリスクがあります。

そんな心配を解決してくれるのが、UltData - Macデータ復元と言うソフトです。UltData - Macデータ復元はアップデート時にファイルがクラッシュしたときやエラーが出たときに、パソコンの中のデータをすべて簡単操作で復元してくれます。

Macデータ復元

まとめ

mac osをアップデートしない方法は、アップデートを確認のチェック項目を外すだけです。しかし、安全性を高めるためにアップデートをずっとしないわけにはいきません。データが消える心配があるなら、UltData-Macデータ復元を持っておけば安心です。何があっても簡単操作でマックのデータを回復できます。

  最終更新日 2020-02-13 / カテゴリ  iPhone Tips

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください