iPhoneデータ復元・活用術

iPhoneでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る二つの対処法

iPhone Xでは、iPhoneシリーズの最大の特徴であったホームボタンが廃止されました。そのため、従来ホームボタンで行っていた各種操作もだいぶ変わってきました。例えば、電源の切り方、強制再起動の方法、リカバリーモードやDFUモードの入り方など、色々変更されました。そこで、今回はiPhone Xでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法をご説明したいと思います。ぜひ、チェックしてください。

iPhoneのスクリーンショットを撮る方法

物理ボタンでiPhoneのスクリーンショットを撮るのは一番簡単な方法です。この方法は、モデルによって操作手順にはすこしことなります。

まずは、iPhone 8 Plus/8/7 Plus/7/6s Plus/6s/6 Plus/6/SE/5sなど、ホームボタンを利用するモデルでの操作手順を説明していきます。

iOSデバイス本体上部または側面にある「電源/スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に押せば、iPhoneで表示中の画面が画像として保存されます。

iPhone スクリーンショット

iPhone Xs/Xs Max/Xr/Xの場合は、既にホームボタンが利用されていないので、電源/スリープボタンと音量(+)ボタンを同時に押すことによって画面をスクリーンショットとして画像保存します。

iPhone X ホームボタン

ちなみに、電源/スリープボタンと音量(-)ボタンを同時に押すと、デバイスの電源を切ることになります。

iPhoneのAssistive Touchを使ってスクリーンショットを撮影

物理ボタンを同時に押す以外に、Assistive Touchの活用によって簡単にスクリーンショットを撮影することもできます。

設定手順は以下通りです。

Step 1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」→「最上位メニューをカスタマイズ」の順にタップします。

Step 2. 最初は6つのアイコンがあります。下の「-」ボタンを押して、アイコンを一つだけ残します。

Step 3. 残された「+」ボタンを押して、スクリーンショットのアイコンを追加して、「完了」します。

iPhone 設定

設定が終わったら、画面にあるAssistive Touchのボタンを押せば、簡単にスクリーンショットを撮れます。

Assistive Touch
最後に

iPhoneの利用はとても便利でたくさんのことを楽しめますが、こうしてスクリーンショットを保存したり、写真を撮ったり、動画や音楽をダウンロードして、iOSデバイスの空き容量が知らず知らずのうちになくなります。そのため、データ整理も必要です。

そのような場合は、iOS専用ファイルマネージャーを利用すれば、簡単にアイフォン内のコンテンツをPCに移行して保管できます。なお、iTunesの代わりにiPhoneのデータを同期をより高速かつ選択的に実行することもできますので、iPhoneを管理するのに最適なファイルマネージャーとも言えます。是非お試しを!

iPhoneデータ転送に最適・iOS 17対応
  • 無料でiPhone/iPad/iPodで必要なデータを一括バックアップ、選択したデータだけもバックアップ可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMSを無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 現在のデータを消去せずにファイルを選択的に復元可能
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能

  最終更新日 2024-04-17 / カテゴリ  iPhone Tips

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください