iPhoneのストレージが足りない時の写真整理術

  iPhoneのストレージが不足するといったケースは多いです。そんな時に写真や画像を管理、整理することで容量をあけることができます。

iPhoneの写真を効率よく管理する方法

・iPhoneで不要な写真を削除、最近削除した項目を手動で消去

  iPhoneのストレージ容量をあける管理方法として手っ取り早いのが不要な写真を削除することです。

  Step1、写真アプリを起動し、カメラロールをタップして編集、もしくは選択から削除したい写真を選びます。

  Step2、削除をタップし、選択した写真を削除と続けてアルバムから削除を順にタップしましょう。

  Step3、カメラロールの中にあるアルバムの中に、最近削除した項目があるのでそこをタップしましょう。

  Step4、選択を選んでからすべて削除を行うことで手動削除可能です。

・iTunesで写真をバックアップしてiPhoneの写真をクリア

  次にiPhone内にある写真をバックアップしてから、管理する方法を紹介します。

  Step1、iPhoneとパソコンを接続します。

  Step2、パソコンでiTunesを起動させてデバイスを選択してください。

  Step3、接続したiPhoneを選び、サイドメニューにある概要をクリックします。

  Step4、メイン画面の中にiTunesでバックアップするという項目があるので、すべてのデータを保存しておきましょう。

  Step5、バックアップが終われば、iPhoneの中にある写真をクリアしても大丈夫です。

・おススメのiPhoneストレージ管理ソフト:iCareFone

  iPhoneのストレージを管理するのなら『Tenorshare iCareFone』が効果的です。ただ写真や画像を管理するだけではなく、様々な処理を行うことで移行できることが大きな特徴でしょう。iPhoneを総合的に管理するための機能がついていますので、非常におすすめしたいソフトになっています。

iPhoneの写真を整理・削除

  iCareFoneでは簡単に写真の整理や削除を行うことができます。前提としてiPhoneにiCareFoneがインストールされていると考えてください。

  Step1、iCareFoneを起動してファイル管理から写真へと進みます。

  Step2、iPhone内にある写真が表示されますので、削除したい写真を選択していきましょう。

  Step3、写真の選別が終われば削除ボタンをタップしてください。一括ですべての写真を削除できます。

iPhoneの写真をパソコンへ転送

  最後にiCareFoneから写真をPCへ転送する方法を紹介します。

  Step1、ホームからファイル管理、写真へと進みましょう。

iPhone 写真管理

  Step2、写真を選択して、エクスポートを選択して保存先を決定して終了です。

iPhone 写真をエクスポート
最後に

  iPhoneのストレージ容量が不足したときの対処法をお伝えしました。『iCareFone』を利用するのが最も手軽で効果が高いと言えます。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 石原 侑人 to iPhone写真 Follow @石原 侑人