iPhone 8/8 Plusバックアップ遅い?時間を短縮する方法がある

  iPhone/iPad/iPod touchをiTunesやiCloudでバックアップするのは最も一般的なデータ保管方法です。しかし、久しぶりにiPhoneをバックアップしようとしたら、何時間経ってもバックアップが終わらず、困ったことになったこともありますね。さらに、バックアップ途中で何らかのエラーが発生すると、データが破損してしまうかもしれません。

  どうしてそんなに時間がかかるのでしょうか?もちろんそれは単純にデータの処理に時間がかかっているからではありません。PCやiOSデバイスの調子はよくない、ネット環境が悪い、データのサイズが大きいなど、さまざまな原因があります。 そこで今回の記事では、iPhone 8/8 Plusのバックアップが遅い原因を探して、そしてバックアップ時間を短縮する方法を説明したいと思います。

iPhone 8/8 Plusをバックアップする方法

1. iTunesでiPhoneをバックアップ

  iTunesは最も一般的に使われている定番ツールだと言えます。iTunesバックアップでは、端末の写真、動画、連絡先、Appデータ等ほぼすべてのデータと設定情報がコピーされ、パソコンに保存可能です。

iTunes バックアップ

  iTunesで時間がかかっているときに考えられるのは、USBケーブルの破損、ネット環境の不安定、もしくはパソコンやiPhone自体に不具合が発生しているなどです。この場合は、USBケーブルの変更、或いは一度バックアップを中止し、デバイスとPCを再起動し不具合があるかどうかを確認してから、改めてバックアップを実行することで速度が改善されます。

2. iCloudでiOSデバイスをバックアップ

  iCloudでのバックアップはPCとの接続は不要で、Wi-Fiの電波を使えばネット上にバックアップを取ることできます。なので、iCloudでのバックアップが遅い場合は、Wi-Fiに問題がある可能性が高いです。

  その時は、まずは自宅のネットの環境を確認して、ネットの回線は弱くないことを確認できたら、iPhoneのWi-Fiの設定を確認します。iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワークの設定をリセット」の順にクリックしたら、Wi-Fiの設定がリセットされます。これで、iPhone X/8/7/6s/SE/6/5snoでWi-Fiとの接続不良問題が改善するかもしれません。

iPhone 8/8 Plusのバックアップ時間を短縮する方法

  ここで、iPhone 8/8 Plusのバックアップ時間を短縮できるバックアップツール「Tenorshare iCareFone」をご紹介します。

  iCareFoneは、iPhoneやiPad、iPodのデータを効率的・選択的にバックアップ、または復元することが可能で、バックアップした後、ファイルの中身を確認することもできます。 操作方法は以下通りです。

ステップ1:iCareFoneをインストールして起動し、お使いのiPhoneを付属のUSBケーブルでPCに接続します。

 icarefone ホーム画面

ステップ2:対応可能ファイル一覧表から、バックアップした項目を選択し、「バックアップ」ボタンをクリックします。

iPhoneをバックアップ

ステップ3:しばらくすると、iPhoneデータのバックアップが完了します。

iPhone バックアップ完了
最後に

  iPhone 8/8 Plusのバックアップに何時間かかっても終わらない場合は、上記の方法でかなり時間を短縮できると思います。また、初めてのバックアップとiOSをバージョンアップした後の最初のバックアップは、通常より時間がかかりそうです。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhone 8 / 8 Plus Follow @山崎 あずさ