iOS不具合修復

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iphone 14の発売日はいつ?待つべきか?iphone13 買うべきか?

発展を続けているiphoneシリーズですが、iphone14がいつ発売されるか、つまり発売日についてのリーク情報がネット上で出回っています。そして、iphone14を待つべきなのか、それともiphone13を買うべきなのかなどの判断にも迫られている人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではリーク情報や予測を基に、iphone14の発売日、それを待つべきなのか、iphone14の新しい機能は何なのか、iphone13を買うべきなのかについて書いていきます!そして最後には、iphoneを買い替える、そして使う上で「損をしないための注意点」を紹介するので、お見逃しなく!

iphone 14  いつ発表

Part1:iPhone 14 いつ出るか?発売日は?

iPhone14がいつ出るか、つまり発売日に関する公式情報はありません。ですが、Appleのツイートより、アメリカ時間での9/7(日本での9/8午前2時)にイベントが開催されるとわかっています。そして、それが発表日になるのではないかと噂されています。ですので、過去の発売スケジュールの傾向から、iPhone14の発売日はおそらく9月中になると考えられます。

Part2:iPhone 14が待つべきか?リークの情報【注目】

では、疑問はiPhone14の発売を待つべきなのかということですよね。iPhone13も買いたいところですが、どうせ出るなら待った方がいいという意見もあります。そこで、ここから下では、iphne14で変更されると思われている機能などを紹介します。リーク情報をもとに、推測されていることですね。

自分にとって、重要な機能なのかを考えて、是非iPhone14の発売を待つのかを考えてみてください。加えて、どちらの選択をするにしても、買い替えるなら「損をしないための注意点」を最後に紹介するので、それもお見逃しなく!

新しいデザイン

iPhoneを含むApple製品はそのデザイン性が注目されています。新色として登場した人気のパープルカラー iPhone14で新しくなるデザインは「カメラのレンズ部分が平らにこと」です!iPhone13などでは、カメラレンズが出っ張っていますよね?それが、平面化されるということです。

iphone 14 新なデザイン

また、iphone14に新色を追加し、「パープル」が登場するという噂もあります。

iphone 14 新しいい色

カメラ性能がアップ

カメラレンズが平らになる一方で、同時にカメラの性能も上がると考えられています。もはや、カメラとしても使われるiPhoneですが、そんなiPhoneのカメラの性能を重視する人もいるのではないでしょうか?

普段から写真をとったり、発信したり、見返したりする方はiPhone14の発売を待つ理由の1つになるかもしれません。より具体的には、メインのカメラは48MPへと画素数が上昇すると考えられています。これは、従来の12MPから大きく上がっています。

iphone 14 カメラ

iPhone14が指紋認証を採用可能

iPhoneのロック解除は、顔認証が主流になっていますが、何かと不便な時がありますよね?例えば、暗い場所にいるときなど。そこで、iPhone14では指紋認証が復活すると言われています。ちなみにですが、ディスプレイ調査会社DSCCのロスヤング氏からの情報から推測されています。

USB-Cが採用可能

次に、iPhone14の発売を待つ理由として、USB-Cが搭載されることがあります。これは、人によってこだわりがあるポイントではないでしょうか。今iPhoneで使われているのはLightning端子というものであり、人によってはこれを不便に感じていることがあります。ですが、iPhone14ではUSB-Cが可能となるので、人によってはこれがiPhone14を待つ理由になるはずです。

Part3:iPhone13 買うべきか?

では、逆にiPhone14の発売を待たずに、iPhone13を買ってしまうのはどうでしょうか?あるいは、iPhone14が出ても、一つ昔のiPhone13を買うのを考えている人もいると思います。それも、1つの選択肢としてあると思います。とはいえ、やっぱりどうせ出るならiPhone14を待つというのも考えてしまうと思います。 そこで、iPhone13を買う理由として何があるかを考えてみましょう!

値段が下げるかも

まず、値段が下がる可能性があります。実際に、iPhone14が発売される9月に値下げがあるのではないかと、これまでのiPhoneの発売傾向を見て予想されています。

miniサイズが選べる

iPhone13は発売されてから、一定期間経ちます。ですので、自然とバリエーションも増えているのです。その1つがminiサイズであり、これを選ぶのも1つの手ではあります。しかも、iPhone12miniと比較しても、カメラ性能やバッテリー持ちなども進化しており、小さいからと言って低性能を心配する必要も、必ずしもありません!

iphone 14サイズ

Part4:iOS不具合が出る場合の対処法:iOS不具合修復ソフトReiboot

さてさて、これまでiPhone14とiPhone13の購入判断に役立つような情報を書いてきました。ですが、どちらを買うにしても「損をしないための注意点」があります。 その注意点とは、買い替えたiPhoneを問題なく運用するための「安全」を確保することです。iPhoneでは時々トラブルが発生することが知られています。そして、特にiPhoneを新しくするタイミングは設定や更新などが続いたり、慣れない操作をしたりで不安が残る部分があります。

そこで、オススメしているのが「ReiBoot」です。ちなみに、無料で使える便利機能もありますし、有料版でも30日間全額返金保証がありますので損することはないです!例えば、iPhoneが強制的に初期化されてしまう「リカバリーモード」というトラブルは、無料で解除することができます!

【やり方】

  • ReiBootをインストールして起動して、パソコンにiPadを接続後、「開始」をクリックします。

    Reibootを起動
  • 不具合の状況に応じて、モードを選びます。ここでは、「普通モード」を選択します。

    普通モードを選択
  • 「ダウンロード」を押して、ファームウェアをダウンロードしましたら、「普通モードを開始」をクリックすると、修復を開始します。

    iOSファームウェアを読み込み 普通モードを開始

まとめ

さて、iPhone14と13のどちらを買うか決めることはできましたでしょうか?なかなか難しい選択ですが、上のiPhone14がいつ発売されるかという発売日、待つべきか否か、iPhone13を買うべきかなどの情報を参考にしていただければ、決められるはずです!また、不具合修復ソフトReiBootなら、バックアップできない、画面が固まってしまう、iPhoneが復元できない、iOS更新中にフリーズするトラブルなどの不具合に対応できます。操作もPCに接続してボタンを押すだけで、楽に、使いやすいツールです。

関連記事: 【最新】iOS16/iPadOS16 beta アップデートの不具合と対処法をまとめ

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応