パソコンからiPadに写真を送る方法

  パソコンからiPadに写真を送る方法を知っておくと便利です。写真の管理はタブレットよりもパソコンからの方が便利ですので、写真のやり取りをする方法を知っておくことが重要になります。

パソコンを使って写真をiPadに送る

・iTunesで写真をiPadに同期

  パソコンとiPadで写真を送るならiTunesを使うのと良いでしょう。ただiTunesを利用するのなら自動同期だけは切るようにしてください。少しの操作ミスでデータの重複や消去が起こってしまうからです。

  Step1、パソコンからiTunesを起動して、設定からデバイス接続時の自動同期をしないにチェックを入れます。

  Step2、パソコンにiPadをライトニングケーブルで接続しましょう。

  Step3、パソコンのiTunesからデバイスをクリックして、iPadを選択します。

  Step4、サイドメニューにある写真をクリックして、同期するを選択しましょう。

・iCareFoneを使って写真をiPadに送る

  パソコンの画像をiPadに送るのなら「Tenorshare iCareFone」が便利です。面倒な作業をほとんどせずに移動できますのでおすすめの方法になります。

  Step1、iCareFoneをインストールしたiPadをライトニングケーブルでパソコンと接続しています。

デバイスをPCに接続する

  Step2、トップ画面からファイルの管理、写真をタップして進みましょう。

iPadへ写真を追加

  Step3、メニューバーにある追加ボタンをクリックするとパソコン内にある画像が表示されますので、移動したいファイルを選択してOPENをタップで終了です。

iPadへ写真を追加

パソコンを使わずに写真をiPadに送る

  パソコンからiPadに写真を送るアプリも方法として有効です。ただし、パソコンとiPadの両方で操作が必要となってきますので、その点だけは注意しておきましょう。

・DropboxでパソコンからiPadに写真を送る

  Dropboxを利用してパソコンからiPadに写真や画像を送る方法を紹介します。

  Dropboxをインストールしましょう。

  Dropboxを起動させてサインインします。新規の方はアカウントの作成をしてください。

  アップロードの右上にあるプラスのボタンをタップします。

  iPad内の写真データが表示されるので選択してアップロードします。

  次にパソコンにDropboxをインストールしましょう。

  iPadからサインインしたのと同じIDでサインインします。

  Dropbox内に先程アップロードしたファイルがあるのでダウンロードして完了です。

・GoogleフォトでパソコンからiPadに写真を送る

  最後にGoogleフォトについても紹介しておきましょう。

  Googleフォトのアプリをインストールします。

  Googleアカウントでログインをするか、新規作成をしてください。

  上部にあるメニューアイコンをタップして、設定からバックアップと同期を選択しておきましょう。

  アプリから写真へのアクセス許可が求められたら、設定からプライバシー、写真とタップしてください。

  Googleフォトをオンにすると自動的にバックアップされます。

  パソコンからGoogleフォトにアクセスをして、先程アップロードされた写真をダウンロードして完了です。

最後に

  パソコンからiPadに写真を送る方法を紹介しましたが、アカウント作成の手間などを考えると「iCareFone」がおすすめできます。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 石原 侑人 to iPad写真 Follow @石原 侑人