Tenorshare 4DDiG- Windows データ復元

Tenorshareの4DDiGは高機能なWindows向けデータ復元ツールで困難な状況からも救出してくれます。事故でデータを消してしまった場合やゴミ箱を間違えて空にしてしまった時、システムがクラッシュした時、マルウェアに感染してしまった時など4DDiGは様々な状況で能力を発揮します。

パート1: 4DDiGとは何か。主要な機能とバージョンをご紹介

セクション1、4DDiGが素晴らしいツールである理由

  • 間違えて削除してしまったOffice書類、音楽、PDF、メール、ゲームデータなどありとあらゆるデータを復元可能
  • 破損、フォーマット済みのどんなストレージデバイスからもデータを復元可能
  • クラッシュしたコンピューターからのデータの復元
  • 元の容量分のデータを復元可能
  • 通常のスキャンでは発見できないファイルをディープスキャンで発見可能
  • フォルダもしくはドライブな内の特定の種類のファイルを検索可能
  • 復元データ用のイメージディスクもしくはボリュームを作成可能
  • 復元前にほぼ全てのファイルを確認可能
  • 操作を保存してスキャンなしで再開可能
  • BitLockerのデータを復元可能

セクション2、4DDiGには4つのバージョンが存在

Tenorshare 4DDiGには4つのバージョンが存在し、それぞれ異なる用途に適した内容になっています。4つのバージョンの内訳は以下のようになっています。

  • 無料版:100MBのデータ復元が利用できます。
  • 標準版:無制限のデータ復元が利用できます。
  • 専門版:このバージョンをご利用の場合は「その他のツール」からリカバリードライブを作成する機能がご利用可能です。また、接続されたドライブの失われたパーティションからデータリカバリーする機能もあります。

    4ddigプロバージョン-Windowsのデータ復旧
  • 豪華版: このバージョンではさらに追加でリカバリードライブを作成、動画を復元、写真を復元の3つの機能が利用できます。そして、失われたパーティションからのデータ復元と復元用のディスクイメージを作成する機能も利用できます。

    4ddigプロバージョン-Windowsのデータ復旧

パート2: Windowsで失われたデータを復元する方法「一般的な場所から」

Tenorshareの4DDiGは簡単に利用できるインターフェイスと強力なデータ復元能力が特徴です。ここでは4DDiGの使い方についてステップごとに説明していきます。

セクション1、実際に使う前に1分でボタンの機能を知る

初めて4DDiGを使うという方は実際に操作を行う前にそれぞれのアイコンがどのような意味、機能を持っているのか確認してから行うことをおすすめします。

4ddig 詳細設定-Windows上のファイルを回復する方法

詳細設定:このボタンをクリックすることでプレビューを表示/非表示、セーフモードでの写真のプレビューができます。

復元を再開:リカバリーファイルを保存し、復元プロセスの途中で停止した場合はこのボタンで再開することができます。

この製品について: 製品の詳細とOSについての情報が確認できます。

ヘルプ:ソフトウェアのヘルプを確認できます。

オンラインで購入:現在のバージョンからアップグレードしたい場合はこちらのボタンから購入してください。

アクティベーション:まずは無料版をお試しいただき、アップグレードする場合はこちらからライセンスコードを入力してプロフェッショナル/スタンダード/プレミアムバージョンにアップデートしてください。

その他のツール:ソフトをアップグレードした場合は、より多くのツールを使用して、画像を復元し、写真またはビデオを修復できます。

セクション2、 Windowsで失われたデータを復元する方「一般的な場所から」

ここからは実際にWindowsでデータの復元を行う際の手順についてご紹介していきます。

動画によるチュートリアル: Windows向け4DDiGを使ってデータを復元する方法

ステップ1. Tenorshare 4DDiGをインストールし、起動する

ソフトウェアを起動すると復元するデータの種類を選択する画面が表示されます。全てのデータ、書類、メールなど複数の選択肢が表示されているので復元したいものにチェックを入れます。

4ddig ガイド-4DDiGをインストールし、起動する

ステップ2. 復元するファイルの保存場所を選択する

ファイルの種類を選択したら、次はどの保存場所から復元するから選択します。よくある場所にはデスクトップや書類フォルダなどが表示されています。接続済みのドライブにはローカルディスクや外部ストレージなどが表示されます。

4ddig ガイド-復元するファイルの保存場所を選択

ステップ3. コンピューターのデータのスキャンを開始する

スキャンをクリックすると4DDiGは選択された保存場所のファイルのスキャンを開始します。進捗状況は%表記で画面に表示されます。スキャンされたファイルはプロセスが進行中でも確認することができます。プロセスは好きなタイミングで停止することもできます。

4ddig ガイド-データのスキャン

スキャンが完了すると見つかったファイルの数が結果として表示されます。もしお目当てのファイルが見つからなかった場合は下部のディープスキャンをクリックして再度スキャンを試みることができます。こちらの機能は完了までにすこし時間がかかります。

4ddig ガイド-データスキャンの結果

ステップ4. プレビュー、復元するファイルを選択する

ここまで進んだらカテゴリー別、ファイルタイプ別、消去されたファイル別に結果を確認することができます。フォルダを選択すると画面右側に詳細が表示されます。ファイルを一つ選択し、ダブルクリックするとプレビューできるので確認し、復元をクリックします。

4ddig ガイド-プレビュー、復元するファイルを選択

他にも復元したいファイルがある場合はチェックを入れ、保存するをクリックします。

ご注意: ファイルの保存場所はオリジナルのファイルバスと同じ場所には設定できません。

4ddig ガイド-復元したいファイルを保存する

続いて復元に成功したファイルの容量がポップアップがで表示されます。

ご注意: 無料版をお使いの場合はファイルサイズが25MBを超えるものに関しては復元ができません。そのため、復元するにはスタンダード/プロフェッショナル/プレミアムのバージョンにアップデートする必要があります。

windowsから削除したデータを復元する

パート3: 失われたパーティションからデータを復元する方法

Tenorshareの4DDiGはそのユニークな機能からデータ復元ツールとして異彩を放っています。無料版/スタンダードバージョンからプロフェッショナル、もしくはプレミアムバージョンにアップデートした場合、ディスクイメージを使ってWindowsのデータを復元することができます。ここでは詳細な手順を説明していきます。

ステップ1. ドライブが見つからないを選択する

まずは4DDiGのプロフェッショナル、もしくはプレミアムバージョンをダウンロードします。メイン画面が表示されたら、「全てのデータ」下の「全て」を選択します。続いて復元する場所を指定して「保存場所を見つけられない」、「失われたパーティションからデータを復元」の順にクリックします。

ドライブが見つからないを選択する

ステップ2. コンピューター上の失われたパーティションを探す

続いて以下の写真のように全てのドライブが一覧で表示されます。

失われたパーティションを探す

画面右下の「検索」をクリックしてコンピューター上の失われたパーティションを探します。クリックすると数分かけて既存のパーティションの検索が始まります。

既存のパーティションの検索

しばらく経つと検索プロセスが完了したことを知らせる通知が表示されます。もしこれでも探しているパーティションが見つからない場合はディープスキャンを使ってより高度な検索を行うことができます。

パーティションが見つからない場合はディープスキャンを使う

ステップ3. スキャンするパーティションを選択する

パーティションの検索が完了したら、スキャンするボリュームを選択します。

スキャンするパーティションを選択する

パーティションの容量によってスキャンにかかる時間は変わってきます。通常であれば数分でスキャンで見つかったファイル数を知らせるポップアップが表示されます。

失われたデータを復元する

ステップ4. 復元するデータを選択する

ここまでくれば復元のプロセスも終盤です。見つかったファイルをファイル別、削除されたファイル別、一覧で確認し、ダブルクリックで選択します。右側にファイルのプレビューが表示されます。

復元するデータを選択する

復元したいファイルにチェックを入れ、復元ボタンをクリックします。ファイルの復元する場所を入力します。

復元するデータを選択する

ファイルの復元が完了すると、保存場所が開かれます。

パート4: ディスクイメージから失われたデータを復元する方法

Tenorshareの4DDiGはそのユニークな機能からデータ復元ツールとして異彩を放っています。無料版/スタンダードバージョンからプロフェッショナル、もしくはプレミアムバージョンにアップデートした場合、ディスクイメージを使ってWindowsのデータを復元することができます。ここでは詳細な手順を説明していきます。

ステップ1. ディスクイメージから復元を選択する

まずは4DDiGをプロフェッショナルもしくはプレミアムバージョンにアップデートしておきます。全てのデータ、ディスクイメージから復元するの順に選択します。その他のロケーションを選択します。ここではデータの復元に既存のディクイメージもしくは新規で作成したものが必要になってきます。

ディスクイメージから復元を選択する

ステップ2. イメージを作成または既存のイメージから復元する

続いてのステップには二つのオプションがあります。コンピューター上にイメージディスクがない場合はイメージを作成するをクリックします。通常、最初に利用する場合は新規で作成することになります。

イメージを作成または既存のイメージから復元する

全てのファイル場所が表示されるので、好きな場所を選択します。
ご注意: コンピューター上に十分な空き容量があることとコピーしたイメージを保存先に保存しないように確認してください。

好きな場所を選択

次にイメージディスクの進捗状況が表示されます。元のディスクの容量によって所要時間は変わってきます。

好きな場所を選択

ポップアップメーッセージが表示され、イメージディスクの作成に成功したと表示されれば完了です。

イメージディスクの作成に成功した

ステップ3. イメージディスクをスキャンし、削除されたデータを復元する

ディスクイメージを作成できたら右下のボタンをクリックしてスキャンプロセスを開始します。ソフトウェアが復元可能なファイルをイメージディスクから探します。

削除されたデータを復元する

通常であれば10分以内にファイルのスキャンが完了した旨の通知が表示されます。スキャンに完了したファイル数と容量もここで確認することができます。
ご注意: もしこの段階で探しているファイルが見つからない場合は画面下部からディープスキャンを試してみてください。

スキャンに完了した

スキャンした結果を確認し、フォルダをダブルクリックして右側に詳細を表示させます。右側のペインをダブルクリックするだけでプレビューできます。

フォルダ/ファイルをプレビューする

復元したいファイルを選択し、右下の復元ボタンをクリックします。保存先のパスを入力したら操作は完了です。

保存先のパスを入力
このページは役に立ちましたか?