UltData-Windows 概要

Tenorshare UltData-Windows は専門的なWindows用 データ復元ソフトとして、コンピューターやメモリーカードから削除、フォーマットされた、あるいは失われたデータを簡単に取り戻すことを可能にします。パソコンから消えてしまったデータを安全かつ迅速に復元することができます。

データ復元が対応可能な状況

  • うっかり誤ってデータを削除した場合
  • 「delete」ボタンを押してファイルを削除する場合
  • バックアップなしでゴミ箱を空きにする場合
  • 誤ってハードドライブをファーマットしてしまう場合
  • ウィルス感染でファイルが欠落または破損する場合
  • システムラッシュでデータが紛失した場合
  • ハードウェア障害でファイルが失う場合
  • 書き込み処理中にストレージメディアをオフにする場合
  • ハードディスク上のパーティション構造が断片化された場合
  • ファイルを保存中にエラーが発生して、ファイルが破損される場合
  • デジタルカメラのメモリーカードを接続する時に初期化しまった場合

UltData-Windows データ復元

ここでは削除されたデータを復元するためのプロセスをご案内します。まず、パソコンにUltData-Windowsををダウンロードして起動します。

ステップ1:スキャンする場所を指定

メインインターフェースで、紛失したファイルが保存された場所を確認して選択します。例えば、デェスクトップ。

スキャン場所を指定

ステップ2:ファイルを検出

「スキャン」をクリックして、そのあと、選択された場所にあるすべての削除されたファイルをリストします。

ファイルを検出

ヒント:画面右下の「ウィンドウ」アイコンをクリックして、プレビューモードに切り替えます。右ペンに見つかった各アイテムのサムネイルが表示されます。これらのデータが必要とするかどうかを確かめます。

サムネイルが表示

「プレビュー」をクリックすると、データの情報が表示されます。

ファイルをプレビュー

ステップ3:復元したいデータを選択

復元したいデータの保存先を選択して、「復元」をクリックします。

データの保存先を選択

ステップ4:復元作業を実行

データの復元作業が終わったら、「復元完了」と表示されます。

復元が完了

データが復元完了したら、保存先を開くと、復元のデータをお読みできます。

このページは役に立ちましたか?