失ったUSBメモリのデータを復元する対策

最近では使い勝手の良い外部ストレージとして、USBメモリがよく使われています。このUSBメモリのデータを削除した後で復元はできるのでしょうか。復旧は難しいのではと思う人も多いですが、実は削除したばかりのデータであれば、復旧できる可能性は高いのです。

USBメモリで消したデータの復元方法

USBメモリ復元の原理について

USBメモリのデータを復元できる原理について紹介しておきます。データ容量を確保するなどの理由から、ファイルを削除した時に誤って必要な物も消してしまうケースは多いでしょう。

フォルダの中を見てもデータが表示されないため、諦める人も多いのですが実は目に見えないだけでまだデータは残っているのです。削除したあとも表示はされませんが、空き領域の中で残っていて新しく領域を使われると上書きされていく形だからです。つまり上書きされる前であれば、データを抽出することができます。

復元する前の注意事項

ではUSBメモリのデータを復旧する前に注意する点を紹介します。大事なことは、誤って削除したと気づいた時点で触らないことです。先ほどお伝えしたように、削除されたとしてもデータそのものは空き領域の中で残っています。ここで上書きをされると、データが完全に消失してしまうのです。間違ってもフォーマットなどはしてはいけません。

そこで大事なのは直ぐに手をとめて、とりあえずUSBメモリを使わないようにしましょう。その間に復元ソフトを用意するといいです。時間は経過しても問題ありませんが、ともかくデータが上書きされないように気をつけるべきです。作業がまだ残っているのなら、USBメモリは抜いてしまってクラウドやローカルにデータ保存をしましょう。

その間USBメモリは物理損害を受けて故障しないように、大切に保管しておくのがおすすめです。

usbデータを復元する方法

ではフォーマットしたUSBメモリのデータを、復元する方法を紹介します。USBメモリのデータを復旧するには、データ復元ソフトを利用します。ここではUltData-Windowsデータ復元というソフトで解説をしていきましょう。

ステップ1、ultdata-をパソコンにインストールします。

ステップ2、ultdataを起動させると、どの場所のデータを復元するかを聞かれますので、外付けHDDを選びましょう。

usbメモリを接続

ステップ3、スキャンを開始すると、選択された場所にある削除されたデータをリスト化してくれます。

usbメモリをスキャン

ステップ4、データの一覧が出てくるので、そこから復旧したいものを選択して、画面下部にある復元をクリックしましょう。

復元したいデータを選択

ステップ5、復元するデータの保存先を選択して、OKをクリックで実行されます。

データの保存先を選択

復旧するデータを選択する時には画面をプレビューモードにすると便利です。画面右下のウィンドウアイコンをクリックすると、モード変更ができるので覚えておきましょう。

まとめ

USBメモリ内のデータを削除した、故障で破損したというような時に使える復元方法でした。実は誤って削除をしたとしても、データそのものは完全に削除されたわけではないので、専用の復元ソフトを利用すれば復活も可能です。UltData-Windowsは操作もシンプルで使いやすいため、人気となっています。

  最終更新日 2019-07-30 / カテゴリ  データリカバリー

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください