Macのゴミ箱からデータを復元する方法

Macで削除したデータがゴミ箱からなくなるケースがあります。容量を確保するのに削除するだけではなく、いつの間にかデータがなくなっていたなどの場合も少なくありません。このデータの損失はMacではよく起こるものなので、データを復元する方法を知っておいて損はありません。

そもそもゴミ箱の中のデータを削除したとしても、復元できるのか気になる人も多いでしょう。実はデータは削除されても、完全に消去されたわけではないのです。そのため専用のソフトを使うことで、データを抽出して復元できます。

ゴミ箱からデータを元に戻す手順

ではMacのゴミ箱からデータを取り出しする方法を考えます。故障などによって、なぜかゴミ箱にデータが移動することもあります。ただゴミ箱に移動しただけなら、直ぐに戻せるので覚えておきましょう。

ステップ1 Dockを開きます

ステップ2 Dockの中にあるゴミ箱のアイコンをクリックします。

ステップ3 ゴミ箱のフォルダが開くので、戻したいデータを探します。

ステップ4 お目当てのファイルを見つけたら、controlキーを押しながらクリックしてください。または右クリックをします。

データを元に戻す

もう1つの方法としてはショートカットキーを使う方法です。これは間違ってデータにゴミ箱を入れたと思った時に、すぐに使えます。commandキーを押しながら、Zキーを押します。これだけで1つ前の動作は取り消すことができるのです。

Macで空にしたゴミ箱のデータを復元する方法

Macで容量を確保するのに、ゴミ箱のデータを削除することは多いです。しかし必要なデータがあったという場合は、専用のリカバリーソフトを使う必要があります。ここでは操作がシンプルで初心者でも簡単に使えるUltData Macを使ってみましょう。多様なファイルにも対応しているので、とても便利なソフトです。

ステップ1:UltData-Macをインストールして起動し起動直後の画面でゴミ箱を指定して、画面右下のスキャンをクリックしましょう。

スキャン場所を選択

ステップ2:ファイルが検出されるので、復元したいデータファイルを探して、選択してください。

ファイルを検出

ステップ3:動画面右下にある復元をクリックすると、自動的にデータが復元されます。

復元をクリック

ステップ4:しばらく待つと復元できます。「保存先を開く」をクリックすれば、ファイルを確認できます。

ファイルを確認

ちなみにMacOS High Sierra以上のOSだとデータを復元するのに、一時的にシステムの整合性保護を無効にする必要があります。ポップアップメニューがでるため、その指示に従ってください。この時にMacは1度再起動をしますので、操作手順は携帯電話などにメモをしておくといいでしょう。

まとめ

Macでゴミ箱のデータを復元する方法のまとめでした。ゴミ箱にデータを入れたというだけですと、特に難しい操作も必要なく復元することができます。しかし削除した後ですと、UltData-Macのようなリカバリーソフトが必要です。使いやすく、できる機能も多いため初心者にもおすすめのソフトだと言えます。また、Windowsで誤削除、フォーマットしたデータを復元したい場合、こちらの記事を参照してください。

  最終更新日 2019-09-18 / カテゴリ  データリカバリー

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください