削除されたSDカードのデータを復元する方法

写真などのデータを保存するのに、よく使われるのがSDカードです。容量が比較的に小さいものが多いので、データの整理などをしているとよく起こるのが誤ってデータを削除することでしょう。そんな時にどうすればデータを復元できるのか確認します。本稿では、SDカードで削除したファイルやデータなどを確実に復旧できる方法を紹介します。

SDカードからデータを復元する対処法

SDカードの復元が必要となる場合

SDカードからデータを誤って削除したというのが、最も復元をする必要が多いパターンでしょう。それ以外の理由としてはSDカードの誤操作でデータが消えてしまった、ファイルシステムがrawになったなどがあります。また最近だとウイルスに感染したなどのケースも考えられるでしょう。

こうした時にデータの復元方法を知っていると、大切なデータを諦めること必要がなくなります。では上述のような理由でデータが消えてしまった時に、本当にデータを復元できるのでしょうか。

実はSDカードのデータは復元ができる場合があります。必ずしも復元できるとは限らないのですが、専用のソフトを使うと高い確率で元に戻せるのです。

その理由としてはデータを削除したとしても、すぐにSDカードがから完全になくなったわけではないからです。空き容量となっている部分の影に、実はデータの残骸が残っています。これを抽出することで、データを復元できます。

SDカード復元の注意事項

ではSDカードを復元する時の注意事項を考えてみます。先述の通りSDカードの見かけ上はデータが消えてしまったとしても、実際には裏に隠れているような状況です。しかしそのデータもいつまでも残るわけではありません。

空き容量を使ってしまうとデータを上書きすることになるため、隠れていたものも消えてしまうのです。そのため誤ってデータを削除したなどの時は、すぐに作業の手を止めましょう。それ以上SDカードのデータをいじらないようにするためです。

専用のソフトがないのであれば用意をする間は、パソコンから抜いておくのもいいでしょう。別個に保管しておけば勝手にSDカード内部で上書きされることがなくなるからです。この点はしっかりと注意しておく必要があります。

SDカードからデータを復元する方法

では実際にSDカードのデータ復元するには、どんな方法があるのでしょうか。これにはデータリカバリーのソフトを利用します。UltData-Windowsというソフトが代表的で、フォーマットをしたり、ウイルス感染したような場合でも安全にデータを抽出できるものです。多様なファイル形式にも対応していますので、様々な場面で扱えるでしょう。では操作方法を確認します。

ステップ1 UltData-WindowsをPCにインストールし、起動します。

ステップ2 起動画面から復元したいSDカードを指定しましょう。

usbメモリを接続

ステップ3 画面右下のスキャンをクリックで、ファイルが検出されます。

usbメモリをスキャン

ステップ4 ファイルの一覧が出ますから、そこで復元したいデータを選択するといいでしょう。

復元したいデータを選択

ステップ5 画面右下の復元をクリックすると、保存場所を指定して終了です。

データの保存先を選択

まとめ

SDカードで削除したファイルやデータの復元方法を解説しました。データを削除すると復元できないと思う人もいますが、見かけ上は空き容量の裏に隠れているため、確認ができないだけです。そのためUltData-Windowsのような専用ソフトを利用すると、ファイルの復元が可能です。 UltData-Windowsは操作も直感的にでき、他のデバイスにも利用できるため持っていて損はありません。例えばusbのデータを復元外付けHDDからデータを復元することもできます。

  最終更新日 2019-09-18 / カテゴリ  データリカバリー

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください