外付けHDDからデータを復元する方法

大容量のデータを保管するのに便利なのが外付けHDDです。しかし利用している間にデータが貯まっていくため、整理をして削除するケースも多いでしょう。そんな時にデータを誤って消してしまうこともあります。この削除したデータを復元する方法を調べてみました。

外付けHDDからデータを復元

外付けHDDのデータを復元するのが必要となる場合

外付けHDDはとても便利なものですが、データを復元するケースというのも出てきます。最もよくあるのが先述したデータを誤って削除した場合でしょう。他にも操作しようとするとハードディスクにエラーがでてしまって、ファイルを読み込めなくなるケースなどもあります。

内部のデータが物理的に障害を起こすような場合もあるため、そうした時は修理が必要です。ただ修理をするとしてもデータはすべて消えてしまうでしょう。その前に行っておきたいのが、hddのデータの取り出しです。

ただ完全にデータが復元できる場合とそうでないケースもあるので、注意してください。また外付けHDDに何らかの異変が起きた時は、すぐに作業の手をとめておくのをおすすめします。それ以上の操作をしなければ、データが復旧できる可能性が高いからです。ではどのようにして外付けHDDのデータを復旧させるのかですが、これにはデータ復元ソフトを使います。ここでは有名なUltData-Windowsを使って紹介していきましょう。

外付けHDDからデータを復元する方法

Windowsのパソコンで外付けHDDから、データを取り出しするには専用のソフトが必要となります。UltData-Windowsが該当するのですが、ハードディスクのデータ復活のための手順を紹介してきましょう。

ステップ1 手持ちのパソコンにUltData-Windowsをインストールしましょう。

ステップ2 UltData-Windowsを起動させて、復元したいデータの入った外付けHDDを接続して、起動した画面から、外付けHDDを選択します。

usbメモリを接続

ステップ3、動画面右下にあるスキャンをクリックすると、ファイルがスキャンされます。

usbメモリをスキャン

ステップ4、外付けHDD内のすべてのデータが表示されますので、そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わると、動画面右下にある復元をクリックします。

復元したいデータを選択

ステップ5、データの保存場所を指定すると、あとは復元されるのを待つだけです。

データの保存先を選択

Tips:復元したいデータを選択する時に、画像や動画などの場合だとプレビュー機能が役立ちます。ファイルの一覧が表示された画面で、復元ボタンのすぐ上にある窓のマークをクリックしてください。これでデータの表示方法がプレビューモードに変わります。画面の右側に選択したファイルのサムネイルが表示されるため、写真などのデータ選びがしやすくなるでしょう。

まとめ

外付けHDDが何らかの理由で、データの取り出しができなくなった時の対処法でした。誤って削除した時などもUltData-Windowsを利用すれば、初心者でも迷うことなく手軽にデータの復元ができます。ハードディスク内のデータを参照してくれるので、トラブルがあった時でも安心して利用できるでしょう。操作もシンプルで使いやすいため、人気となっています。また、usbのデータを復元することもできます。

  最終更新日 2019-07-31 / カテゴリ  データリカバリー

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください